■プロフィール

そら  

Author:そら  
2006.8.8生まれ
ジャックラッセルテリアの
中でもチビで短足

そして何故か・・
白より茶色の方が目立つ
ラフコートの異端児♂の
ブログです。

2007.3.3から
一緒に暮らし始め
毎日が謎だらけのまま
過ぎて行きます。。
これじゃいけない!
何とかしなければ!!と
日々迷走中。

■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■ブログ内検索

■リンク
■FC2ブックマーク

くるみ心と秋の空
デビル簓の『簓日記』           one's an 美ら里日記          やまちゃんと咲く坊の日記       へなちょこバント              モンクマ王子が行く           するめなラク太              トイプーはなのオハナ日記       お気楽わんこ道  

■RSSリンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
しつけ訓練をする前段階の問題とその練習
例えば練習する30~40分の間
犬に対して絶対にスキを見せたり、気を抜いたりしない事・・

犬と一緒に何かをやる時の約束事として、この事を守ってみてください と
訓練士さんに言われました。

十分に意識しながら やってみるものの
その直後から次々に
「ハイ、そこですよ」「ハイ、今のところです」と指摘を受け

その度に
「えっ、これもそうなの」「ええっ、こんな所でも」と
新たに気づかされる瞬間が非常に多くあり・・

指摘された数だけ、今までヌケていた訳なので
これだけ沢山のスキがあるならば、なるほど犬もいい気になるはずだと・・妙に感心し

自分が、いくらしっかりやっているつもりでも
見る人が見れば、何とも甘いガードでした。。


本来ならば
この時期には、課目練習について

あれこれ工夫したり、こんなふうに調整したりしている などという事を
取り混ぜて書くのが本筋であり 綴れたらどんなにすばらしい事かと思うのですが・・

もう十分お分かりの通り
ワタクシ、それ以前の段階をいまだ超えられずにおります。。

その基本的な問題をクリアしないうちは
犬の動きにイキイキした感じも出てこないし、集中も緊張も無しで
ただトコトコと横を歩かれても、面白くもなんとも無く

いつ止まるのか、いつ横に大きく離れるかと
その心配の方が大きくて

この先いくら課目数を増やしても
これ以上の成長が見込めないなら、やる意味ないんじゃないか・・
けれど、こんな中途半端なカタチのまま終わるのも納得いかないなぁと・・
思っていたわけでございます。



あれっ、動画って たったこれだけ・・と思われた方、その通り! 確かに短い!(爆
今頃になって、やっと気づいて練習を始めたばかりのワタシ・・
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
↑しつけ訓練で、自分にはスキが無いと思う人も
どこがスキなのかが、よく分からないと思う人も  ワンクリックに協力してね!


犬にスキを見せない、犬の前で気を抜かないようにする練習自体
パッと見ても、何かをやっているようには見えないものですが・・

どの部分がスキなのかが、まず分からないと どうしようもない
と、いう所が一番問題な点だと思うので
もう、この際だから、一度ぐらいツメてもらうのも必要な事なのかなと。。
スポンサーサイト


未分類 | 15:39:29 | Comments(2)
コメント
深い・・・!!
う~~ん・・・GTO・・・やっぱり、すごいですね・・・
穏やかに、多くを語らないけど・・・お見通し・・・e-330
私の様な、素人目にはモカ君は充分イキイキと歩き、そらさんも隙なんて、なく見えたんですが・・・!!
もっともっと深く掘り下げた目線にならないと・・・なんですね・・・
うちは、普通のお散歩でも気を抜いたら、ひどい状態でした・・・e-263
いつでも、ワンは隙を狙ってるって、身をもってわかりました・・・e-327

2008-10-22 水 21:20:09 | URL | バントママ [編集]
バントママさん、おはようございます☆

GTOは・・それでもやや控えめに、指摘してくれていたようでしたが・・
何とまあ、スキが多い事か・・v-12
これじゃあ、ふざけてもしょうがないかと・・我ながら・・納得・・v-355v-356
モカにとって、もっともっと怖い存在にならないといけないようですe-281e-282
2008-10-23 木 06:26:16 | URL | そら [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。