■プロフィール

そら  

Author:そら  
2006.8.8生まれ
ジャックラッセルテリアの
中でもチビで短足

そして何故か・・
白より茶色の方が目立つ
ラフコートの異端児♂の
ブログです。

2007.3.3から
一緒に暮らし始め
毎日が謎だらけのまま
過ぎて行きます。。
これじゃいけない!
何とかしなければ!!と
日々迷走中。

■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■ブログ内検索

■リンク
■FC2ブックマーク

くるみ心と秋の空
デビル簓の『簓日記』           one's an 美ら里日記          やまちゃんと咲く坊の日記       へなちょこバント              モンクマ王子が行く           するめなラク太              トイプーはなのオハナ日記       お気楽わんこ道  

■RSSリンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
遊びと訓練
                    ポカポカ陽気のある日、 河川敷で
            訓練士さんと 優秀な犬が 一緒に遊ぶのを 見た ボクは ビックリして・・
                
江戸川河川敷 
                           
            耳がこんなになっちゃいましたぁ!



「犬には訓練という概念がありません。
だから楽しく遊んで、もっと犬を集中させてくださいね」と、言葉を残し
訓練士さんは、もう随分訓練を重ねている犬と一緒に、向こうの方で練習を始めています。


それを見ながら
毎回の出張訓練の中で、必ず出てくるキーワード“遊び”について ウチはコレではじける事ができたので
考えてみると・・

遊びって
訓練するとか、服従させるとか、指示に従わせるという上からの目線とは違い
低い位置で目線を合わせる係わり方で

やる気満々で素養の高いタイプの犬と、ウチのようなタイプの犬とでは
係わり方がそれぞれ違い・・
以前は、その係わる目線の位置を間違えていたので
いつまで経っても犬との良い関係が築けなかったのではないか・・というところに至りました。


その昔、犬が常に私の前を歩いていた時
しつけ教室で教えてもらったのは
一般的によく聞くリーダーウォークの基本的な型通りの習得方法
(犬が前に出たらすばやくターンし方向変換する)で

それこそラフコートが擦り切れるほど繰り返しても、一向に改善出来なかったのは
犬のタイプを考えず、合わない目線で練習していたからに他ならず。。

ウチのようなタイプの犬には
行ったり来たりの単純動作をくり返す中に、その意味を見つける事は出来なかったのです。




一方“遊び”には決まりや型が無い分 (テンション低めのウチの犬でもワクワク感を高めやすい)
まず見ないとどう遊ばせるのかは分からないけれど
では見れば
即その通りに遊べるようになるのかと言うと、そうでもなく・・最初は戸惑いもあるのですが

見て学び (なぜか、訓練士さんの遊ばせる様子を見ると、非常に簡単そうに見えるから不思議です)
次に自分がそれをやってみると
実際には、思ったほど上手く出来ない事に気づくので

どうして上手くいかなかったのか、どうすれば上手くいくのかを
教えてもらいながら、くり返しやるうちに少しずつ・・

出来るようになっていければいいなぁ、と・・
そして近い将来、あの優秀な犬のような動きに近づけたらと思っています。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
↑ワンクリックに協力してね
                      みんなはどんなタイプなの?
                見上げる          
             おかあさん
       ぼくは ボクなりに がんばるよぉ。
スポンサーサイト


未分類 | 08:54:57 | Comments(6)
コメント
本当にそうですよね。
そらさんの伝えたいことが、実体験としてよくわかります。
我が家もテンションがあがりにくく、性格も頑固で強がりで内向的。
うまく出来ないと、すぐ飽きて注意力散漫に・・・。
行ったり来たりのリードウォークも、意味がなく(涙)、私も悩みましたよ~。

愛犬にあった接し方、遊び方を飼い主が見極めてあげないといけまそんね。(^-^ゞ

きちんとしつけの入った犬は、飼い主との関係もしっかりしてるし、
イキイキとした顔をしてますもんね(笑)。
楽しいワンライフのために、我が家も楽しみながら頑張ります♪(*^^*)
2008-03-11 火 10:50:55 | URL | goopee [編集]
それぞれの愛犬に合った方法があるのですね。
我が家のシャトルだと、遊ぶのは実に簡単でボール一つですぐに興奮します。でもそんなときは飼い主の言うことが全く耳に入らなくなります。
最初は主従を取るという考え方になじめず、犬を押さえつけているだけのようにも感じてしまいましたが、今はこの関係のほうがシャトルがリラックスできるのだということを実感しています。

犬のしつけと一口に言っても奥が深くて面白いですね。
2008-03-11 火 20:39:36 | URL | ぱとら [編集]
goopeeさん、こんばんは☆

>実体験
アイタタタッ、今日はよく胸がズキズキっとなる日です。。
リーダーウォークの典型的習得方法は、どこでも教えてくれるのですが・・
その方法では上手くいかない場合
それ以外の方法で教えられる人は、いったいどのくらい、いるのでしょう?
今に至るまで、私もgoopeeさんと同じように随分悩みました。。

>愛犬にあった接し方、遊び方
本当に見極めって、大切ですよね。
お互いに、目指すはワンコの生き生き笑顔ですね♪
2008-03-11 火 22:29:20 | URL | そら [編集]
ぱとらさん、こんばんは☆

>それぞれの愛犬に合った方法があるのですね。
本当に、それぞれだと思います。
シャトルちゃんは集中力のある、明るいタイプのようなので
多分ぱとらさんはこのブログの内容を読んで「ええ~!そうなの?」と
ビックリする事も多いのではないでしょうか^-^ゞ

>犬のしつけと一口に言っても奥が深くて面白いですね。
面白いですよね~。
奥が深ければ深いほど、その先を知りたいと思ってしまいます^m^
2008-03-11 火 22:57:07 | URL | そら [編集]
モカちゃんもLeoも、さすがに兄弟だけあって似たタイプみたいですね~(*^。^*)
Leoも単純に訓練を続けると、一気にテンションが下がります。如何に楽しませてモチベーションを維持させるかが一番の課題です。
ただ最近は、少しずつおもちゃやフードへの執着心が強くなってきているような?
こんな性格だと決めつけず、愛犬の小さな変化も見逃さないことも重要かもと最近思っています♪

23日のしつけ教室参加されますか?もしお会いできたら嬉しいです~(*^。^*)
2008-03-13 木 08:36:40 | URL | Leoママ [編集]
Leoママさん、こんばんは☆

>おもちゃやフードへの執着心が強くなってきている
最初の半年は食への関心がなく、心配していましたが今では・・
やっぱり、兄弟って似ちゃうんでしょうか^m^

>23日
桜がきっときれいでしょうね♪ ←咲いてますよね?
それまでにデジカメ買って、用意しておきますね♪♪
2008-03-13 木 21:17:46 | URL | そら [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。