■プロフィール

そら  

Author:そら  
2006.8.8生まれ
ジャックラッセルテリアの
中でもチビで短足

そして何故か・・
白より茶色の方が目立つ
ラフコートの異端児♂の
ブログです。

2007.3.3から
一緒に暮らし始め
毎日が謎だらけのまま
過ぎて行きます。。
これじゃいけない!
何とかしなければ!!と
日々迷走中。

■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■ブログ内検索

■リンク
■FC2ブックマーク

くるみ心と秋の空
デビル簓の『簓日記』           one's an 美ら里日記          やまちゃんと咲く坊の日記       へなちょこバント              モンクマ王子が行く           するめなラク太              トイプーはなのオハナ日記       お気楽わんこ道  

■RSSリンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
右に見ながら走る
まったく・・
物事をアバウトに捉え 即行動に移す性格、というのは考え物で・・必ず不備を指摘され、慌てます。

今回もまた性懲りも無く、同じパターンを繰り返し
公園で遊んでいるだけでは飽き足らず
それじゃあアジリティーでもやってみようかなぁと
何とな~く思って即、行動に移したワタクシ。。

いつものように一緒に歩く

実は、お恥ずかしい事に・・
アジリティーでは、その状況に応じて左側だけじゃなくて
右側にも犬をつけて走る場合がある という事に・・

言われるまで気づきませんでした。。 トホホ

左につけて一緒に歩く

なので
服従訓練をやってきた人が、アジリティーを始めると
人と犬共に 大体
右側にいる時の動作が上手くいかないんですよ~と、先日トレーナーさんに言われ・・

そこで初めて
ええっ、右側につけるの!? そうだったの!? そ、そう・・よね。。 と、焦ったのは確かです。

いつものように一緒に走る

が、しかし 落ち着いて考えてみると
これまでず~っと左側にいる事が、私にとっては当たり前だったし
チビ犬にとっても、左につくように習慣づけをしていたので

すんなり出来なくて当たり前じゃなかったのかな・・
でも、もし犬にとって右で動く事が苦手になっているのならば
次に行く時までに多少なりとも改善しておきたいな と思って

右につけて走る

ためしに 最初は普段どおり、左につけて一緒に走りながら
不意にクルリと、いつもとは逆向きに回ってみると
犬は一瞬戸惑ったようでしたが

右につけて一緒に走るのは本邦初公開

左にいる時より少しゆっくり、待ちながら動いて
そのままおいで~というふうに体全体で誘いながら走ると

すぐ、この遊び方が分かったようで
左にいる時と同じ様子で、楽しそうに一緒に走ります。
右に見て走る

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
↑しつけ訓練でも、アジリティーでも 
何かやる時には、まず良く考えてから行動に移すタイプの人も
行動してから考えるというタイプの人も ワンクリックに協力してね!


よく犬を見て、冷静に・・こうして一緒に走っている限り
犬に苦手は無いようなので
犬を右に見ながら一緒に走る
苦手は私の中にある・・ということなのかな。。

小さなオモチャのハードルでもいいので
そんなものが2つ、あったらもっと楽しく遊べるのにとも 思いました。
スポンサーサイト


未分類 | 13:26:47 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。