■プロフィール

そら  

Author:そら  
2006.8.8生まれ
ジャックラッセルテリアの
中でもチビで短足

そして何故か・・
白より茶色の方が目立つ
ラフコートの異端児♂の
ブログです。

2007.3.3から
一緒に暮らし始め
毎日が謎だらけのまま
過ぎて行きます。。
これじゃいけない!
何とかしなければ!!と
日々迷走中。

■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■ブログ内検索

■リンク
■FC2ブックマーク

くるみ心と秋の空
デビル簓の『簓日記』           one's an 美ら里日記          やまちゃんと咲く坊の日記       へなちょこバント              モンクマ王子が行く           するめなラク太              トイプーはなのオハナ日記       お気楽わんこ道  

■RSSリンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
吠えなくなる以前と一番変わった事は・・
桜の季節と共にやって来たチビ犬の“吠え”でしたが
あれから、どうなったかと 申しますと・・

まず、吠える以前と何が一番変わったのか
一度考えてみるように、アドバイスいただいたのが約2週間前でした。

あれこれと考えつく事はありましたが
やはり一番大きな原因は私の外出が増えた事で

それに付随して夫とチビ犬の接触時間が増えた為
今まであまり目立たなかったチビ犬に対する態度の甘さが露呈・・

そのスキをチビ犬が見逃すはずは無く
すかさず突いてきた行為が、今回の吠えの発端であったような気がしてなりません。。

それまでは、大概家には私がいたので
犬が嫌がる対応を夫がしても、即注意していてその影響はあまり無く・・

夫は、己の感情を中心に行動するというポリシーを崩さず
犬にとっては不意に やたらに触れたがり、やたらに名を呼びながらしゃべりかけ
やたらにいつも犬をジイ~ッと見つめ・・

犬は嫌がってはいないと言い切って、何度もこれらを繰り返し
いつも嫌がられ近づくと逃げられ、それでもしつこく手を出しては噛まれるのに
まだ分からない・・

まったく、オジサンてどうしてこうなの・・
言っても分からないなら、どうぞ御勝手に
いつか手に穴があくまで好きなだけ噛まれていなさいよ~と、思っていたのですが


私の外出が増え、そうも言っていられない状況になったので
早急に何とかこのオヤジを改造しなければと、思うのですが・・
ところが、本人が「オレはちゃんとやっている」と言い切るばかりで子供より始末が悪く

でも、そのわりにはムスメが帰宅すると
いつも吠えるので・・ちゃんとやってはいないはず。。

さて、この頭の固いオジサンにどうすれば理解し納得てもらえるか・・と・・思いついたのが
ムスメを待っている時の様子を動画で撮影してもらう事です。

もともとは、出張訓練や競技の様子を撮って
今後の参考にしようと、買ったデジカメでしたが・・
まさか、オジサンとチビ犬の様子をチェックするために大活躍するとは思いませんでした。。

オジサンがうろたえないよう、ムスメには最寄駅についた段階で
電話するようにし、そこで動画のスイッチを入れるようにしてもらったのですが

初日の動画は想像以上にひどいもので・・
リードを持っているにもかかわらず、120cmのリードがピンと伸びきって
チビ犬は絶えずウロウロ・・つられてオジサンもフラフラと狭い室内を動いていて・・
これじゃあ吠えるのも無理はありません。。
もう・・オジサンてば、下手くそ。。ドアに向かってフセさせるから・・チビ犬は99%ドアの向こう側に神経を集中させているぅ。。にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
↑犬って吠えるものだから
そんなに気にしなくてもいいんじゃないと思う人も 
やっぱり吠えは気になるよねと思う人も 
ワンクリックに協力してね!


早速、その動画を見ながら
ウロウロ、フラフラの点を指摘したところ


「自宅まで10分ほどかかるので、犬はじっとしているはずがない」
などと、偉そうにまた言い切ります。

なので翌日、私が帰宅するまでの間
どんなふうにムスメがチビ犬と持っているか
動画に撮って、目で見てもらう事にしました。

私が電話してから同じく動画を撮ってもらいましたが
犬はずっと動かずムスメの横にいて、そちらに注意を向けているのがよく見て取れる動画です。

その翌日、それを夫に見てもらい
実際に犬が動いているのかどうかを確認させ
加えてその日は私がリードを持ち、夫は隣の部屋の隅にいて
実際に、吠えない時のチビ犬の様子はどんなか、自分の時との違いを見てもらいました。

そして次の日、ムスメを待つ間の
夫とチビ犬の様子を撮った動画の一部がコレ。

力不足に加え、ドアに向かってフセさせてしまっているので
犬は99%ドアとその向こう側に注意を向けていますが・・
そんな状態でも立ち上がる事は無かったので、指示には少々従っています。

そして、こんなレベルの対応でも
この日は小さく唸ったものの吠えませんでしたので・・

やはり
正しい家族の環境を作ろうとする努力って大切なのねぇ。。

そしてこの時以来
バリケンの中で吠える事もなくなりましたが
実は吠えの問題がこれで終わった とは、ワタクシ思っておりませんで・・

そのうちまた、ひょっとするとすぐ
振れ戻しのようにやって来るものではないのかと思われますが
来るなら、さあ来い! でございますです。
スポンサーサイト


未分類 | 17:15:05 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。