■プロフィール

そら  

Author:そら  
2006.8.8生まれ
ジャックラッセルテリアの
中でもチビで短足

そして何故か・・
白より茶色の方が目立つ
ラフコートの異端児♂の
ブログです。

2007.3.3から
一緒に暮らし始め
毎日が謎だらけのまま
過ぎて行きます。。
これじゃいけない!
何とかしなければ!!と
日々迷走中。

■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■ブログ内検索

■リンク
■FC2ブックマーク

くるみ心と秋の空
デビル簓の『簓日記』           one's an 美ら里日記          やまちゃんと咲く坊の日記       へなちょこバント              モンクマ王子が行く           するめなラク太              トイプーはなのオハナ日記       お気楽わんこ道  

■RSSリンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
アイコンタクト
アイコンタクト
雨の日の出張トレーニング(3回目)は室内で
時間のほとんどをさいて
訓練士さんは、犬とオモチャで遊びます♪


この日の目標は
指示命令を出す前の段階として
一つの動作を始めようとする時
"犬とヒトが必ず目を合わせる習慣をつくる事の大切さ"を
犬とヒトに伝えること(だと思う)。



アイコンタクトは
犬がヒトの目を見て初めて成り立つものですが
これが中々、素人には難しく。。

ヒトの目を見させるやり方として
名前を呼ぶ、エサを使うといった方法は耳にするけれど

犬の名前を呼んだぐらいで私を見るような
カワイイ事はしてくれないし

エサの場合も、
他にもっとおもしろい対象があると、見向きもしません。


犬と遊ぶ訓練士さんをよく見ていると・・
ボールなどのオモチャを使ってテンポよくそれを投げ
犬に追いかけさせています。

犬のテンションは徐々に上がり
次も、当然投げてもらえるものと思い身構えます。

すると訓練士さんは
ボールを持つ手を体の中心からスッーと横方向に移動させ、そこで動作を止めました。

犬はボールを見つめていますが、ボールを見ているうちは無言
静止したまま、その状態が1秒2秒3秒・・・

犬は、自ら視線を訓練士さんに移し
そして訓練士さんの目をジッと見つめています。


「大切なのは、犬の準備が出来るまで待つことです」


犬を褒め、再びボールを投げながら
訓練士さんはさりげなく、今度はヒト(私)に伝えようとしているようです。

「準備が出来るというのは、犬に考えさせるという意味ですか?」
 質問した私に
「その通りです」
 と、明るい声で答えてくれました。


注)写真は、自分で撮っているので、手に持つおもちゃを実際の位置で保持すると
一枚に納まらなくなります。
そのため、私の目の位置にオモチャをワザと近づけていますが
それでも、犬が私の目を見ているのが分かるかと思います。

にほんブログ村 犬ブログへ
スポンサーサイト


テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

未分類 | 07:27:44 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。