■プロフィール

そら  

Author:そら  
2006.8.8生まれ
ジャックラッセルテリアの
中でもチビで短足

そして何故か・・
白より茶色の方が目立つ
ラフコートの異端児♂の
ブログです。

2007.3.3から
一緒に暮らし始め
毎日が謎だらけのまま
過ぎて行きます。。
これじゃいけない!
何とかしなければ!!と
日々迷走中。

■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■ブログ内検索

■リンク
■FC2ブックマーク

くるみ心と秋の空
デビル簓の『簓日記』           one's an 美ら里日記          やまちゃんと咲く坊の日記       へなちょこバント              モンクマ王子が行く           するめなラク太              トイプーはなのオハナ日記       お気楽わんこ道  

■RSSリンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
脚側につける
まあ、なにかと ややこしいチビ犬ではあるけれど
そんな事はもう十分承知しているはずだった・・
11月16日ボール遊び-1
・・にもかかわらず
9月に出来ていた事は11月にも出来ているはず
コツコツ積み上げ学習してきた事を 思い切りきれいに忘れる、なんて事はあるまいと
何故か また勝手に思い込んでしまっていたワタクシでした。。 まだまだ甘いぞ自分!

という事で
この日は反省がてら河川敷へ行き
11月16日河川敷で遊ぶ-2

ひとしきり遊びながら
チビ犬をよく見てみれば・・

なるほどぉ。。
11月16日ボール遊び

やる気はある 楽しそうでもある 勢いもある 
けれど、その分脚側についている時の動きがおおざっぱになっていて・・

だから、例えばこんなのとか
11月16日8の字くぐり

こんな時の動きは俊敏
速度を最後まで保ち、良いのだけれど
11月16日招呼
楽しい時ほど
もっと続きを楽しみたい 早く早く、という気持ちがチビ犬の体を先へ先へ急がせるのか

私に注目するのを怠ったり、前へ出たりして
私との間の距離が開いてしまいがちになってしまいます。

11月16日河川敷で遊ぶ-3

犬の調子を上げるだけだと すぐこんなふうに動きが雑になって
上げないままだと すぐに別の事に気を取られ
そうすると、途端に頭の中がその事でいっぱいになり、私の指示は全部押し出されてしまう・・

11月16日河川敷で遊ぶ-1

たとえタラタラと中途半端な動きになっても、適当に指示に従うかたちになってでも
とにかく やり こなしてくれれば良いと

競技会の時などに、ふと そんな思いが頭をよぎったりもするのですが・・

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
↑何度やっても同じところを回り続けているだけのような気がして・・成長してないじゃないと思う人も
それでもきっと何かが 少し、進歩してるんじゃないのと思う人も
ワンクリックに協力してね!


11月16日一緒に歩く

あいにく、そんな器用な才能は持ち合わせていないチビ犬なので
もう一度、しっかり やり直しです。

スポンサーサイト
未分類 | 15:16:26 | Comments(0)
後から気づくこと
毎回
終わった後で、あれこれ反省しているのですが・・
11月8日行進中伏臥を終えて
その割にはいつも
それを生かす事が出来ず
今回も相変わらず同じような動きをしてしまった自分がいて・・またまた一人反省会を開きました。。


やっているその時には
これでもワタクシ必死なので 気持ち、動き、共に余裕が無く
もちろん周りなど見る暇も無いので、気づかなかったのですが
11月8日紐無し脚側
帰ってから、あ~すれば良かった こ~すれば良かったと考えつつ
写真をチェックしていたら
テントにいるとばかり思っていた訓練士さんが、リンクの向こう側から こちらをジッと見ていて・・

よせばいいのに、どんな様子で見ているのか画像を拡大してみたら
片手をあごに添えて うう~む・・ と、非常に厳しい表情でした。。 


また、行進中伏臥の最中には
すぐ右後のリンクで大型犬同士のトラブルがあり
審査員の先生に、騒動が収まるまでそのまま待つよう指示され・・
11月8日 行進中伏臥の最中に斜め後ろのリンクで大騒動・・
その時には、通常の何百倍も待っていた気がして
後方はなかなか収まらず、いつ犬がそっちに気を取られてもおかしくない雰囲気です。

せめて、伏せている犬のところまで戻らせてもらえないだろうか とか
もし大型犬がこちらに来たら、チビ犬は確実に逃走するだろうな とか
考えながらドキドキしていましたが・・

これまた画像を拡大してみれば
待機及び見学の人も犬も、みんなの視線は一点に集中していて
そんな中でひとり、引きつりながら微笑む怪しい指導手の姿がありました。

まったく・・
大切な事に気づくのは、いつも後になってからばかり・・

9月の競技会では、招呼に応えなかったので
楽しく動く事を第一目標にやってみたら、ソコに関しては上手くいって
チビ犬の様子は最後まで、今まの競技の中で一番楽しそうでしたが

今回は、それに対する厳しさが競技の時に出せず
そのため、脚側行進では互いの距離が開いてしまったり
各課目が終わり脚側につける時、犬の動きが外に大きく膨らんでしまったり
臭い嗅ぎしたり・・してしまいましたねぇ。。

・・と
テントに戻ってから、穏やかな声で訓練士さんにそう言われました。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
↑競技会に参加された人も、今度は参加してみようかなと思った人も
競技会は見るに限るという人も ワンクリックに協力してね!


11月8日股くぐり歩き

チビ犬にとっての厳しさと楽しさの ちょうどその間の 幅はどれくらいなのか・・
そこをよく見て対応するのって、まだまだ私には難しいのだけれど

今思うに・・
きっと、その部分を掴まないといつまでたっても納得できるような
犬との動きが出来ないような気がします。

で、結果はというと
一応ひと通り出来たので、ポイントカードとピンクのリボンをいただきましたが・・
実は、春の大会でも同色をもらってますので・・
春から秋になる間、成長していなかったって事なんでしょうかね。。 ショック

未分類 | 14:17:13 | Comments(2)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。