■プロフィール

そら  

Author:そら  
2006.8.8生まれ
ジャックラッセルテリアの
中でもチビで短足

そして何故か・・
白より茶色の方が目立つ
ラフコートの異端児♂の
ブログです。

2007.3.3から
一緒に暮らし始め
毎日が謎だらけのまま
過ぎて行きます。。
これじゃいけない!
何とかしなければ!!と
日々迷走中。

■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■ブログ内検索

■リンク
■FC2ブックマーク

くるみ心と秋の空
デビル簓の『簓日記』           one's an 美ら里日記          やまちゃんと咲く坊の日記       へなちょこバント              モンクマ王子が行く           するめなラク太              トイプーはなのオハナ日記       お気楽わんこ道  

■RSSリンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
犬の様子をよく見る・・
・・これは日頃の出張訓練でよく言われる言葉で
もし、これが上手く出来るようになったらプロ級の腕前になれますよ と、
訓練士さんが言うくらいなので

まだまだ私には、上手く出来な~い事なのですが・・


その瞬間の犬のヤル気というか、集中度合いというか、テンションというか
そのようなものを 例えばいつも0~10などの数値に置き換えて考え

一体今はどのくらいなのか
犬の様子をよく見て瞬時に判断し
それに応じた態度や指示の強さ・トーンなど 考える事が、大切なのだそうです。


先日の秋ヶ瀬公園でも、CDⅠ終了後に
また例によって競技中、どうしてもっと犬を集中させられなかったのか・・
という話しをしたら
やはり、その時にもこの言葉が出て

「ちょうどいいので 試しにやってみましょうか 」と言いながら
訓練士さんは、いつも一緒に競技に出ている犬を自分の脚側につけ座らせました。
もちろん、訓練を積んだその犬は訓練士さんをスッと見上げます。

「今、この犬の数値はどのくらいだと思いますか?
競技が終わった後なので あまり集中はしていませんね。

では こんなレベルの時に、もし指導手が強い態度で臨んだら
犬はどんなふうになると思いますか?」

そう言って2mほど後ろに下がり
停座している犬に向かい、パッと見は変わりない様子で
戻って歩いて来ると
普段 あれほど先生を慕っている犬が、避けるように身を横に動かしてしまいました。

「今の、分かりますか?
思う通りに犬が動かないのは、ヒトがその瞬間の様子を見誤って対応しているから ですよ」

なるほど。。
実際に目の前で見せてもらうと よく分かり
普段から 犬の様子がどんなかを常に意識して見て、考えてこちらが対応する事が
とても重要なポイントである事が 理解できました。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
↑犬が思惑通りに動かない時・・それはやはり犬の練習が足りないからだ と思う人も
犬をよく見て、その時に応じた態度で臨まないからだ と思う人も
ワンクリックに協力してね!


そして
「犬が目を合わせているからといって
いつも高いレベルで集中しているとは限りませんよ。」とも付け加え

大して集中しない様子で犬が目を合わせた時には
もっと集中するように、犬にしっかり伝える事が大切で
CDⅠの競技の直前には、それが足りなかったですねとも・・。

で、そんな注意をいただいた後
CDⅡの訓練試験を受けたのですが・・
まだまだではあるものの チビ犬の動きは、こちらの方が総体的に良かったと思われます。

犬の表情をよく見て、私がどう対応するかを瞬時に見極める・・
これは、競技中に急に出来るようになる事ではないので
普段から、これを常に意識して自分が動けるようにしておくことを心掛けなくちゃ・・と
思った次第でございます。

スポンサーサイト
未分類 | 06:54:29 | Comments(2)
秋ヶ瀬の日に
確実に春が近づいていると
感じるのはこんな朝の明るさで・・
2月22日秋ヶ瀬公園
この日、訓練士さんの車で向かった先は、秋ヶ瀬公園の三ツ池グランド。

周囲には雑木林があり
風もなく穏やかでした。
2月22日秋ヶ瀬公園三ツ池グランド

午前中にCDⅡの訓練試験を受け、優にて合格し
2月22日CD2訓練試験

さらに、この日は朝から大変お日柄もよろしかったようで
CDⅠでは、運よく 棚からぼた餅状態で リボンをいただく事も出来
多分最初で最後の・・まことに良い記念となりました。
2月22日ブロック競技会-1
昨年11月の競技では
何もそこまでしなくても・・ という位の弾けっぷりを披露し
飼い主を絶望の淵に追い込んだ忠犬チビ犬を、心の底から疎ましく思い

その時には
ある朝起きて見たら、ぼわ~んと3倍に膨れ上がって
ボーダーコリーになっていないかなぁ などと 毎日願ってみたり

こういう犬を扱うと指導手は上手くなりますよ~と
訓練士さんに励まされれば
上手くならなくてもいいから
もっと能力の高い犬を選んでおけば良かったと心の中でつぶやいた・・でも、

どう頑張ってもJRTはジャックでしかなく、モカはモカでしかないので・・
この現実を噛みしめ
これじゃいけない!何とかしなければ!!という
飼い始めた頃の思いに戻り、もう一度チビ犬と向き合ってみる事にしました。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
↑JRTなんだから、そんなに無理しなくても と思った人も
こんなチビ犬に出来るならウチのはもっと頑張れる と思った人も
ワンクリックに協力してね!


課題を見つけ
この犬をどうやったら上手く動かせるのか
そのためにどんな練習をすればいいかを厳しく具体的にアドバイスいただき

( ちなみに、今回の競技でも見事に次なる課題が見つかり
それに向けての具体的な練習方法も指示いただきましたが
これについてはまた後日、という事にして )

特にこの3ヶ月間の指導は以前にも増して深く厳しく
非常に具体的な内容でした。
まずは、訓練士さんに感謝です。

競技会 | 08:38:37 | Comments(4)
犬を集中させるための自分特訓
昨日、強風吹きすさぶ朝9時の駅前コンコースは
ラッシュアワー過ぎとはいえ、まだ人々が多くいて
目的地に向かいそれぞれが足早に通って行きます。

その中に立つチビ犬は
シッポを巻きこみ、小刻みに震え、半ば腰抜け状態でヘタレ
あらら・・大変。。

そして、あんまり同じ場所ではやりたくないので
今日は反対の東口へ。。


ここに到り、ついにワタクシ
恥ずかしさの限界を越え、行き着くところまで来てしまった感がございますが・・

実は、先日の出張訓練で
今、何か不安な事はありますか?の問いに対して
まだまだ犬の注意が散漫になる事があります と言ったところ

「犬が、たいして目も合わせず動いているのは
普段 飼い主がそれを許しているからで
ああ こんなもんでいいんだと、犬にそう思い込ませてしまっているからですよ。

犬が あんなだから とか、こうしないから と 犬のせいにする前に
飼い主は、そうならない為に どう持って行ったら良いのか思考をめぐらすべきで・・

それが例え、無意識にやっていた事だったとしても
結果として、飼い主の考えが犬の動きに反映されているのですよ」 と、

厳しい言葉をいただきました。

そして
時々耳にするユニークな新入社員特訓研修のように
人が多く行き来する場所に立ち

例えばフセとかスワレとかを
犬の注意を他に向けさせないように徹底し、指示してみる・・

そんな練習をすすめられました。

・・で、早速の特訓となったのですが
これはあくまで自分のためのもの

チビ犬は、そんな私に8分間お付き合いいただいたわけなので
まことに ご苦労様な事でございます。。

駅前コンコースでやるのは
やっぱり、どう開き直って考えても恥ずかしいので

いかにも誰かを待っています風に・・出入り口方向を向いて・・
あまり犬を見ずに、何気なく一緒にいる雰囲気に見えるよう立ち・・
誰も私に話しかけるなよオーラを出しながら・・
トーンはいつも通りに、小さな声で指示したのですが・・

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
↑自分のワンコにどう動いて欲しいのか・・考えても
駅前特訓だけはしたくないなぁ、という人も やってみようかな、という人も
ワンクリックに協力してね!


いざやってみると
この状況は、どこか競技中の状態にも似ていて
競技でいつもきれいに出来ず、不安だった箇所がそっくりそのまま動作に表れたので・・

なるほど。。
訓練士さんのアドバイスには素直に従うのが一番ねと
今さらながら、改めて思ったわけなのです。

未分類 | 13:31:24 | Comments(2)
斜面を歩く
昨日もまたいつもの河川敷へ・・
お遊びに 出かけて参りました。(爆

普段は、土手沿いの上下いずれかの道をずっと歩いていくのですが
ちょうど今、土手の斜面の雑草は枯れ短く刈られていて
体高26cmのチビ犬の目に葉が当たる事もなく いい感じです。
河川敷斜面を利用して下る
そういえば・・
随分昔に通っていた乗馬クラブも、やはりこのような場所にあり
土手を隔てた河川敷にも馬場があったので、時々は土手を越えて行ったのですが

乗馬の先生に
斜面に対して直角に、馬を上り下りさせながら行くと
筋力トレーニングになるよ。
駈足や速足をさせず、タラタラ歩かせないで
しっかりとした常足で歩かせなさいよ。 と言われた事を思い出し・・

チビ犬も馬と同じ四足動物なので
同じ効果があるかなぁと思い
しばらく上り下りしながら進んで行ってみる事にしました。
河川敷斜面を利用してさらに下る
私の場合、犬を しっかり歩かせるのは
斜面を上り下りしている時の方が、平地の時より難しいように感じられ

本当は、雑草が青々として誘惑度が増す時にやった方が
コヤツとの修行のためにはなるのでしょうが・・

なんせ、もう少し暖かくなると
斜面の雑草はあっという間にチビ犬の頭辺りまで伸びてしまうので
草が犬の胸ぐらいに揃い、とどまっている時は一年を通してもあまりなく
土手の斜面を上がる
やれる時にやれる事をやる ・・
コレ、お遊びの鉄則です。

斜面を直角に 一緒にしっかり歩くと
チビ犬より先に私の息が上がり
よく考えたら、馬の時は鞍に乗っているので 私がハアハアする事はありませんでした。。

特に、あと3~4歩でそこに到達する という時に
勝手に早い速度で歩いてしまわないよう気を抜かず・・
河川敷斜面を利用して
斜面を上り下りするのは
チビ犬より私の方が断然疲れます。

それから、もし斜面に対して斜めに歩かせる時には
片道で終わりにせず、必ず往復ワンセットで歩かせなさいよ。 との事でしたので
土手の傾斜を一緒に下る バランスとりながらが大変です
性懲りも無く歩いてみたのですが・・
自身のバランスを取りながら
犬と一定の距離を保ちながら
たとえ息が上がって足が疲れてきても歩く速度を落とさないで
なおかつ気を抜かずに
往復で行うのは結構キツイです。。
土手の斜面を上がる 必死に歩く

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
↑たまにはワンコと一緒に斜面を上ったり下ったり・・している人も
こんな事やらなくてもウチは十分運動させている という人も
ワンクリックに協力してね!


馬とか大型犬ならいざ知らず、こんな短足な犬に
これがどれだけ有効かどうか・・分かりませんし
まったく・・河川敷に着く前にひざが痛くなり、疲れてしまいましたが・・
江戸川河川敷
それでも以前は、勝手にダーッと駆け下りたり上ったりしていた犬が
チラッチラと私を見ながら、前にも出ることなく一緒に歩いていたので・・
こんな何気ない事でも、私は単純に楽しいなぁと思ってしまいました。

未分類 | 07:22:58 | Comments(4)
何度目かの再び・・アトヘの練習
まったく・・
なぜあの時、もっとしっかり練習しておかなかったのか・・

また、例によって
チビ犬は自分に都合良く最短最小の動きで脚側につき
私は私でそんなチビ犬の動きにいつの間にか慣らされ、まあ 良いかで済ましてしまっていました。。
2月3日アトヘの練習

で・・後悔ばかりしていてもしかたないので
遅まきながら、遊びの合い間に
こんな事を めずらしくも真面目に練習しております。
2月3日アトヘの練習-どんなラインで動いて欲しいのか・・考えてくれてるかな?

これは、過去に何度も訓練士さんに言われ
その時には、いかにも 十分理解出来たかのように記事にも書いておきながら
結局、出来ていなかった アトヘと指示を出した時のチビ犬の動きです。。

2月3日アトヘの練習 一連の動きを連写してみましたアトヘ について、何故
何度も同じ指摘を受けてしまうのか
それを
よくよく考えてみると・・

上手く出来ない原因や理由を説明され
分かったようでも
実は分かっていなかった 
というのと

2月3日あとへの練習-以前は、もっと前の位置で前足を軸にしてクルッと回転していました後、言われた通りの練習を少しやり
この程度で良いだろうと思っていて
まだまだ考え方が甘かった
というのがあり・・

夏が過ぎ、冬が来て
年が開けて春が近づいて来るまでの間

ずっと中途半端にしていた指示のツケが

2月3日あとへの練習 こんなふうなラインで動くと、脚側にきちんとつくことが出来る・・予定。。たまりに溜まり、犬の動きがいつまでも適当・・
いよいよ どうしようもなくなってきて
ようやく今、慌てているわけで・・

本当に、今度こそ
しっかりやらなければ です。。

今まで犬が勝手に端折っていた動きを
しっかりと、丁寧に動くように

2月3日あとへの練習-もう一度アトヘと指示何度目かの再び・・の
アトヘのやり直しをしているので
なかなか直ぐには上手くいきません。


ほとんどはリードを持って
左足を一歩後ろに下げ
上半身をひねりながら
アトヘ と指示を出し

2月3日あとへの練習-今はまだ、上半身をひねっていますどんなラインで動いて欲しいか・・
犬に考えさせるように
指示を出すようにと
言われた事を思い出しながら繰り返し
そして
こちらの希望に近いラインで動いた時には
よ~く褒めます。

ところで・・唐突ですが・・

2月3日アトヘの練習-で・・クルッと動いてにほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
↑犬に考えさせるように指示を出すって難しい・・でも
そんなもん幾つも越えてきた、と言う海千山千の人も
まだ1つも越え切れていない人も 
ワンクリックに協力してね!


ワタクシいつも真面目に練習しているふうに
思われがちなのですが
それは根本的な部分に悩みがあるからで・・

2月3日アトヘの練習-脚側につく実はこの3月で
チビ犬と暮らし始めてから
丸2年が経とうとしていて・・

その事実にふと気づいて以来
この間
何か成長できたものはあるのだろうかと
考えていたのですが・・


私とチビ犬の基本的な関係にそれほどの進展はみられず
いまだ 最初と変わりないように思われてなりません 。。

未分類 | 22:08:47 | Comments(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。