■プロフィール

そら  

Author:そら  
2006.8.8生まれ
ジャックラッセルテリアの
中でもチビで短足

そして何故か・・
白より茶色の方が目立つ
ラフコートの異端児♂の
ブログです。

2007.3.3から
一緒に暮らし始め
毎日が謎だらけのまま
過ぎて行きます。。
これじゃいけない!
何とかしなければ!!と
日々迷走中。

■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■ブログ内検索

■リンク
■FC2ブックマーク

くるみ心と秋の空
デビル簓の『簓日記』           one's an 美ら里日記          やまちゃんと咲く坊の日記       へなちょこバント              モンクマ王子が行く           するめなラク太              トイプーはなのオハナ日記       お気楽わんこ道  

■RSSリンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
犬が教えてくれる場所
チビ犬と遊ぶ時は、毎回アドリブの連続で
とにかく次の動きを予測されないように・・そう心がけています。
11月22日ボール遊び-2

これは犬種の特性なのか、それとも単なる性格のせいなのか・・
とにかく、生真面目に訓練を重ね鍛えていくような優等生タイプではないので

ウチは、どうしてこうなんだろうと考えてばかりいないで
かかわり方は それぞれの犬によって違うのだと

もうそこは割り切って考え
チビ犬に合ったやり方はどんなか・・考えたら、こんなふうになりました。
11月22日ボール遊び

右や左に素早く方向転換しながら走る時も
しっかり横についているか 以前は目でずっと確認しながら走っていましたが
案外、そんな事なんて気にせずに
前を向いてひたすら早く走った方が、犬はぴったりついてくるもので
11月22日脚側行進-3

こうやって遊びながら
チビ犬の気持ちをワタクシなりに受けとめつつ、また こちらからも“積極的ご提案”をしつつ
11月22日足並みそろえて
受けとめるだけでも提案するだけでもない、程よい折り合いのつけ方を求めて
日々模索中ではありますが

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
↑ワンコとの折り合いに苦労した事がない人も
手を変え品を変え、工夫をしている人も ワンクリックに協力してね!


バランスがちょうど良く取れているのか否か
最終的には、その場所に行かないと分からない事なので・・
 11月2日競技会
そこではっきりと・・ これでもかという位アカラサマな態度で
また犬に教えてもらうしかないのだと思っています。

スポンサーサイト
未分類 | 10:06:05 | Comments(2)
犬との関係 入門から基礎、そして初級へ
11月22日江戸川沿い-6その昔、犬との関わり方も含めて
何もかもが分からず、不安でしかたなかった時・・

暮らし始めて3日目から通ったしつけ教室までは
電車に乗って1時間50分

そこでの数ヶ月間は
今から考えるとまさに入門編でした。

そこで教わったトイレとハウスのトレーニングを
まじめに繰り返した結果
非常に高い満足レベルにまで達してきたのですが

そのうち、しつけ講習会が開かれる日にはお声がかかるようになって
行くと必ず第一番目にトイレ実演披露の役を仰せつかるようにもなり・・
参加費を払ってわざわざ教室のためのデモンストレーションです。

そこで感じたのは
例え何年一緒に暮らしていようと、トイレとハウストレーニングの段階で
なんと多くの人が上手くいかずに悩んでいるか、という事で
しっかりしなきゃ・・それを見る度、自分に強く言い聞かせました。。

今こうして、電車移動の際キャリーバックの中でおとなしくしていられたり
ツメきりを初めとする手入れ全般をこなせるのも
この入門編があったからだと思い

感謝する一方で
一緒に暮らしていく上で、最低限度のかかわり方は出来るようになったものの
犬との間には相変わらず目に見えない溝があり

犬は一日中下を向き、臭いを嗅ぎ続け
私と目を合わせる事もなく、気にする素振りもゼロ
リードを持てば体一つ分前を歩き
すれ違う犬には喜びのあまり大興奮、そちらにばかり集中している。。

でも、そんな飼い主と犬なら、それこそ普通どこにでもいるのだから
まあこんなものかと、そう思って暮らせばきっとそれなりに暮らせるのだろうけれど
やっぱり、私はそれだけじゃあイヤ。。

11月22日江戸川沿い-4その溝を埋める手立てを見つけられないまま
夏になり、秋を迎える頃・・

思い切って変更した
今の出張訓練が転機となり

犬との間にあった溝の埋める方法を教えてもらう事で
その関係は大きく変化し


必要最低限の世話をするだけの毎日から、より親密に犬と関わる毎日へと
生活の幅が広がっていきました。

今、再びこの季節を迎え
改めて昔のブログ記事を読み返しながら、成長著しかったこれまでを振り返ってみると

何だかんだと言いながらも
段々と出来るようになって来て

気がつけば
こうして、私を見上げながら前に出る事も無く歩けるようになって
その他にも、座ったり 伏せたり 立ち上がったり
並んで一緒に走り回ったり
投げたオモチャを持って来るようになっている。。

11月22日江戸川沿いパッと見は、もう十分過ぎるくらいの
ステキな飼い主と従順なチビ犬の図で

きっと、ここで満足して終わりにしても
それなりに楽しく暮らしていけるのかもしれないけれど

これから暮らすであろう年月を考えると
やっぱり何だか物足りなくてイヤだ。。

ここまでは、出来なかった事が出来るようになった
ただ、それだけの事・・
犬との関係作りの基礎編だったんだなぁと、そんな気がしてなりません。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
↑このブログ記事はまた一段と長い・・読むのに苦労した と思った人
苦労ついでに ワンクリックに御協力くださいね!


11月22日江戸川沿い-2
一緒にもっと楽しく過ごすために
犬との関係を広げた分だけ
今度はそれを掘り下げてみたい。。

そのためには
毎日どんな工夫が必要なのか。。


まだまだ分からない事や悩みはあるものの
その内容は、しつけ教室時代のものとは全く違ったものなので
悩みもまた 日々進化していると言えるのかもしれません。

未分類 | 19:52:10 | Comments(2)
犬を集中させるために
実は、こう見えてワタクシ
11月14日落ち葉の上で-6
意外と繊細と申しましょうか、気が小さいと申しましょうか

とにかく、何かをやっているところをヒトに見られていると思っただけで
やたらに緊張し、力み過ぎてしまうところがありまして・・


大体、出張訓練の時でさえ いまだに
あっ、今のこの動きを訓練士さんに見られてるんだなぁ~ と思っただけで
緊張して、すぐ自分の事だけでいっぱいいっぱいになってしまい
肝心の犬がそっちのけになり
結果、動きがぎこちなくなってしまいます。
11月14日落ち葉の上で
そのため・・
出張訓練の時に見るチビ犬の動きは、全体的に今一つ勢いに欠け
普段なら投げたオモチャを持って来る時など
往復ダッシュで持って帰って来るところが、戻りが早足に落ちるので

どんな時でも、そこに誰がいようとも
犬が私に集中できるような私になる事が目下の目標です。
11月14日落ち葉の上で-5
訓練士さんからのアドバイスは
まだまだスキが随所にあるので、とにかくひとつひとつの指示や動作をきちんとやる事と
常にどんな時にも絶対気を抜かない事。
11月14日落ち葉の上で-4
なので、そのアドバイスを忘れないように、意識しつつ・・
毎日の練習は
順序通りの決まりきった運動にならないよう

ランダムに、歩度を変え、進行方向を変え、遊びと組み合わせ
同じにならないようにしています。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
↑練習は練習、遊びとは区別してやっている という人も 
練習と遊びを取り混ぜてやっている人も ワンクリックに協力してね!

11月14日落ち葉の上で-2
犬を集中させるためには
遊んだり、練習を重ねたりする以前に
まだまだ直さなければならない部分があるのだなぁと 思いつつ
加えて、ノミの心臓ももう少し大きくしておかないと。。

未分類 | 17:47:14 | Comments(4)
巡り巡って・・基本はしつけ?!
この風景を
11月2日早朝
見たのは確か・・先週の日曜の早朝だったような、なかったような・・



さてさて
遅ればせながら、先日は

私とチビ犬にとって2回目となる競技会を“体験”し・・ 

競技を通してチビ犬の成長をひしひしと感じる事が出来
それと同時に、これまでの練習の成果が出た事に対して感慨もひとしおで
これを足がかりにまた一歩、将来への展望が広がり
ますます意気揚々と
明るい未来へ向かってまっしぐらな毎日を送っていまぁ~す!!

と 大声で叫びたいところなのですが・・

実際は、それとは程遠く・・
課題山積で、厳しい現実が厚い壁となり
まるで私とチビ犬の前に立ちふさがっているようです。。


ちなみに今回、審査員の先生からは
「脚側行進は非常にすばらしく、犬は大変良いものを持っていますから
頑張ってくださいね~」という
一瞬褒められたと錯覚するような、温かい励ましの言葉をいただきましたので

前回の
「これは練習ではなくて競技会ですからね~」から比べたら
まあ、それでも私とチビ犬は進歩したのかもしれませんが。。


とにかく、今一番問題なのは・・
課目をいかに正確にとか、より躍動感ある動きにとかいうレベルではなくて
もっとそれ以前の・・もっと根本的な部分で・・

競技中は私に叱られない という事を、チビ犬は何故かよく分かっていて
普段の練習中には全くと言っていいほど見せないくらいの
なめきった態度を途中から堂々と見せた事で
それが前回の競技の時よりひどくなっている という点・・

この日車で送り迎えをしていただき、一日付き添っていただいた訓練士さんには
「結局最後は、しつけの問題になる」とあっさり言われてしまいました。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
↑ワンコのしつけならもう完璧で、どんな時にも揺らぎはしない という人も 
肝心な時になると、すぐに日頃の甘さが露呈してしまう 人も
ワンクリックに協力してね!


日頃、犬とどう向き合い、どう関わっているのか・・
これからの競技に向けてのひと言で
まさかしつけという言葉が出てくるとは・・正直思いませんでした。。

未分類 | 22:24:11 | Comments(2)
必要なものは・・
ここ2週間あまり
ワタクシこれでも精一杯
奥ゆかしく、つつましやかで、ひかえめに・・ブログ記事を綴っておりまして・・

そう。。
自分にとって大切な事は さりげなく
そして、それとなく 記すのがよろしいかと思いますデス。。

例えば
人間の事が特別好きなわけでもなく、何か一つのものに執着する事も無く
素養も決して高くない・・ウチのチビ犬のような普通の犬に

今在る以上の集中や、イキイキと動作する事を求める時
それを得るためには、何が必要なのか・・


好きなオモチャや遊び、ごほうび、または褒めたりと・・
ウチの場合は
キッカケとして犬と遊ぶという事から始まって
現に今まで一緒に走ったり
オモチャを投げて持って来させたりしていましたが

どこか今一つ、勢いに欠けるところがあり
遊べば遊ぶほど
それだけではどうしても超えられない壁があるような気がしてきて・・

遊びはあくまでもキッカケでしかなく
その中で生じるワクワク感や、または集中力は
単に遊びにノッテいる時の犬の期待感の表れでしかなく、そのための集中でしかなく

それは、求めているものとは違うもののように感じられ
キッカケにばかり注目し続けるのも、どうかなと思うようになりました。

犬と遊んでいて
犬の気分が乗らない時、遊ぶオモチャが気に入らない時
そろそろ遊びに飽きてきた時、遊びよりもっと魅力のあるものが表れた時

これらを、仮に一瞬でも遊びの最中に犬が感じたとしても
そんな時でも、遊んでいる以上はその勢いを保つ・・
集中するとかイキイキ動くとは、そんなものではないのかと。。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
↑もう既に「必要なもの」を身につけている人も
それが何か分からない人や、分かっていてもまだ手にしていない人も 
ワンクリックに協力してね!


10月以降は、そんな思いが益々強くなり
では、どうしたら良いのかと・・考えた時

私に何が必要なのかは、見えているのですが
それを手に入れる事はなかなか難しく・・なので、こうして遊びとセットにして
練習しているわけなのです。

もし、それが私の手に入ったら
きっと犬にとって、遊びは今以上に楽しいものになる はずかと。。

未分類 | 09:03:55 | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。