■プロフィール

そら  

Author:そら  
2006.8.8生まれ
ジャックラッセルテリアの
中でもチビで短足

そして何故か・・
白より茶色の方が目立つ
ラフコートの異端児♂の
ブログです。

2007.3.3から
一緒に暮らし始め
毎日が謎だらけのまま
過ぎて行きます。。
これじゃいけない!
何とかしなければ!!と
日々迷走中。

■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■ブログ内検索

■リンク
■FC2ブックマーク

くるみ心と秋の空
デビル簓の『簓日記』           one's an 美ら里日記          やまちゃんと咲く坊の日記       へなちょこバント              モンクマ王子が行く           するめなラク太              トイプーはなのオハナ日記       お気楽わんこ道  

■RSSリンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
コイとマテの強化
出張訓練で、初めてコイとマテを教えてもらってから半年あまりが過ぎ・・
今、再びこの事を強く意識するようになりました。

と言うのも
この最も基本となるべき指示でさえ、いまだに犬にしっかりと伝える事が出来ていないので
遊ばれてしまったり
イキイキした動作でなかったり
指示しているにもかかわらず、1度で従わなかったりする・・と

そんな内容の事を、47回目の出張訓練の時、また例によって柔らかな口調で指摘され・・

なるほど
コイ・マテ・アトヘ・スワレ・フセ・タッテなどと、いろいろな指示を出しても
結局は私の出す指示の出し方が徹底されていないので
そこを直さない限り
いつまでたっても同じ悩み続き、そこから開放される事は無いのだぁ~と、納得し

ついでに
もうすっかり何を書いたのか忘れてしまった
過去に書いた同じタイトルのブログ記事を読み返してみたら

今指摘されている事と全く同じ内容が書いてあり・・
ぎゃー!! あの時から、少しも進歩してないじゃん!  という事が判明し・・
ショックを受けているワタシです。。



で、具体的にはどんな事なのかと言うと・・

犬のテンションが高い時でも低い時でも
コイやマテなど、指示する時の声の高さや強さが全て同じなので
犬に非常に伝わりにくくなっているという事なのですが・・

実は
自分の出す指示に犬が従うのか・・自信が無いと・・
人は大概それを補おうとして、威圧感のある大きな声を出してしまうものでして・・
ワタシも例外ではありません。。

近くまで来て欲しい時
強く大きな声でコイと言われたら、犬だって行きたいとは思わないですよね。。

だから、まずはもう一度 コイとマテから、確実に犬に伝わるように・・!

それと、後もう一つ
犬は、ついてくるものだから・・いつまでも犬に合わせて動こうとしてはいけない・・と

そんな内容の事を、またまた穏やかに話すので
意味はまだよく分からないながら
きっと、これはすごく大切な事なのだなぁと、感じた次第で

もしこの時
語気を強め、声を荒げて言われていたら・・きっと私は思い切り凹んでしまい
言おうとしている事の意味を理解しようとする気にならなかったかもしれません。。
     バリケンの中の冷ややかな目

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
↑訓練を重ね
常に進歩しているという人も、堂々巡りしている人も
ワンクリックに協力してね






ぼくは しんぽ しているんだけどねぇ。。

スポンサーサイト
未分類 | 07:27:27 | Comments(4)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。