■プロフィール

そら  

Author:そら  
2006.8.8生まれ
ジャックラッセルテリアの
中でもチビで短足

そして何故か・・
白より茶色の方が目立つ
ラフコートの異端児♂の
ブログです。

2007.3.3から
一緒に暮らし始め
毎日が謎だらけのまま
過ぎて行きます。。
これじゃいけない!
何とかしなければ!!と
日々迷走中。

■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■ブログ内検索

■リンク
■FC2ブックマーク

くるみ心と秋の空
デビル簓の『簓日記』           one's an 美ら里日記          やまちゃんと咲く坊の日記       へなちょこバント              モンクマ王子が行く           するめなラク太              トイプーはなのオハナ日記       お気楽わんこ道  

■RSSリンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
飼い主と訓練士のチカラ関係
まあ、なんと言いましょうか・・

格段にハッキリと、目に見えるカタチになって
犬の動きが良くなったとか

はたまた、犬の集中力が抜群に増して
何があっても、誰が来ても、一番はアナタですと言わんばかりの態度で
飼い主をしっかり見つめ、目をそらさないとか・・

動く気はしない、片目を開けてチェック

そんな事が急に出来たら、苦労というものは無いわけなのですが

いつまでもシャキッと出来ない気がする・・という状態もシャクにさわるので
午後から犬と一緒にふて寝の予定、だったのですが。。

               
昨日はその前に まず45回目の出張訓練 がありました。

指示の出し方、褒め方、歩き方、リードの持ち方 などなど・・
まだ全てにおいて、甘い私ではありますが

ここ最近、毎日の練習では
たとえ飼い主がヘタでもヘタなりにしっかり従うんだぞ、という気持ちで
前より強く犬に接しているためなのか
IMGA0012.jpg
出張訓練の時になると、犬は妙にノビノビとして
楽しそうに訓練士さんのところに寄って行き・・

なんだか 訓練士さんと犬の仲が、非常によろしいのです。 

それと同時に
また最初の頃のように、訓練士さんがリードを持つ時間が増えているのですが

前と違うのは
強めにしっかり指導を受けても、犬がヘコまず ついていく事が出来るようになっていて
見ていると、実に訓練らしい訓練の風景になっています。

これは
「犬は、飼い主と訓練士のどちらが犬にとって都合が良い存在なのか
いつも天秤にかけていて
飼い主が強く厳しくなると、犬にとって訓練士は好ましく楽しい存在になる」からなのだそうで

出張訓練では、このチカラ関係が重要になるとの事でした。

そういえば、一番最初の頃は
私は犬との遊び方も分からず不安で弱く、そこで訓練士さんはひたすら楽しく犬と接し
犬はより楽しい訓練士さんの側にいる事を喜んでいましたので
飼い主と訓練士の関係は、"弱"と"楽"。

私が遊べるようになった頃
犬がいつも私の側にいて、訓練士さんと遊ばなくなった時期がありましたが
信頼関係が出来たからなのかと思っていたものの
その割にはいろいろと、犬に遊ばれてしまっていた事も多く・・

飼い主の方が、ただ楽しく気楽な存在だったからなので
関係は、"楽"と"普通"といったところでしょうか。

思えば、訓練士さんは最初から一貫し
私より強くある事はありませんでしたから
こうした犬の対応変化は、まさしく私のブレであり揺らぎであったわけでして

今、こうして考えてみると
毎回、出張訓練に来る度に、玄関の辺りでひとしきり犬と戯れながら
じっくりとそこのトコロの状況を観察されていた訳で・・ 恐ろしい事でございます。


ハウスから出る時は必ずOKが出るまで待ちます・・という事で、なんだか
ノンビリふて寝している場合じゃないような
気がしてきました。

さあ、起きて起きて!                   

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
↑寝るのも訓練のうちだと、思う人も思わない人も
ワンクリックに協力してね
 


スポンサーサイト
未分類 | 00:04:44 | Comments(10)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。