■プロフィール

そら  

Author:そら  
2006.8.8生まれ
ジャックラッセルテリアの
中でもチビで短足

そして何故か・・
白より茶色の方が目立つ
ラフコートの異端児♂の
ブログです。

2007.3.3から
一緒に暮らし始め
毎日が謎だらけのまま
過ぎて行きます。。
これじゃいけない!
何とかしなければ!!と
日々迷走中。

■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■ブログ内検索

■リンク
■FC2ブックマーク

くるみ心と秋の空
デビル簓の『簓日記』           one's an 美ら里日記          やまちゃんと咲く坊の日記       へなちょこバント              モンクマ王子が行く           するめなラク太              トイプーはなのオハナ日記       お気楽わんこ道  

■RSSリンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
飼い主が強くある事の意味
出張訓練をお願いしてから早7ヶ月
私と犬は、この間大きく成長する事が出来たのですが

それでもなお、一番肝心なトコロがいまだに変わっていない点を
42回目の出張訓練の時に、やんわりと訓練士さんに指摘され

そこを改善するにはどうしたらよいのか・・
話をしていくうちに

やっぱり、犬を今より良くするためには
日常生活におけるしつけの強化が必要なのではないか、と
いう所に、至った次第でございます。


訓練士さんは、改善されない理由を丁寧に、優しい言葉で、さり気な~く話してくれたのですが
それらを私の中で直訳変換してみると

まず、犬の行動全てに対する飼い主の判断が遅い

そして、遅い上に飼い主の対応が中途半端

これらの事は、しつけの甘さにも通じ
訓練時の飼い主に対する犬の集中度合いに影響を及ぼしている・・

と、大体こんな言葉になりました。


幸いにしてウチの場合、ハウスとトイレに関しては
かなり上手く出来ているので
他のどの部分を正していけば良いのかと言うと・・

その一つの例が、コレ・・(しゃがみ方もちょうど一緒で、分かりやすいかと思われます)
腕は前に出さず、犬に最後まで持ってこさせる
どちらも遊びで投げたオモチャをくわえ
走って戻るところなのですが

腕は伸ばさず、手は開いた足の間
最後まで走って来た犬はマテの指示と同時に
その手のひらにオモチャを置く・・

本来ならば、こんなふうに遊んでいるのですが

犬にナメラレタ状態の持って来いこちらの写真の時は手元に来る直前
犬がわざと左に曲がり
オモチャを持ったまま
私の横を走り抜けようとしています。

私がオモチャをつかんだ後も
ふざけて中々離そうとはしませんでした。

つまりこれは・・これまでも何度かあったように・・

遊んだつもりが、遊ばれてしまっていた、という事なのですが・・

ここで一番問題なのは、犬に遊ばれている事を
指摘されるまで気にも留めず、ヘラヘラ笑って過ごしていた飼い主の意識なわけで

ちなみにこの2枚の写真、上が4月下旬で下が最近のもの。
まことに、何とも情けない話しなのですが・・

強い意識を持ち続けていないと、いつでも、あっという間にこうなるぞ、という自戒の念をこめて
いい加減にシッカリやれよ、自分! 
意識をほんの少し強く持っただけで・・

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
↑自分のワンコのしつけはまだまだ甘いと思っている人も、思わない人も ワンクリックに協力してね



・・という事で


しつけを強化するためには、まず飼い主がいろいろな意味で強くある事が大前提
具体的な話しは、そのまた先にあるのよね・・私の場合。


スポンサーサイト
未分類 | 21:55:52 | Comments(8)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。