■プロフィール

そら  

Author:そら  
2006.8.8生まれ
ジャックラッセルテリアの
中でもチビで短足

そして何故か・・
白より茶色の方が目立つ
ラフコートの異端児♂の
ブログです。

2007.3.3から
一緒に暮らし始め
毎日が謎だらけのまま
過ぎて行きます。。
これじゃいけない!
何とかしなければ!!と
日々迷走中。

■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■ブログ内検索

■リンク
■FC2ブックマーク

くるみ心と秋の空
デビル簓の『簓日記』           one's an 美ら里日記          やまちゃんと咲く坊の日記       へなちょこバント              モンクマ王子が行く           するめなラク太              トイプーはなのオハナ日記       お気楽わんこ道  

■RSSリンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
犬に伝える
唐突ですが
いつも出張訓練に来る訓練士さんは、よくオカマと間違えられるそうで・・

訓練中、出張先のお宅や公園で
子供に「ねえ、オカマなの?」と、聞かれるらしいです。

今日は課外活動なんだってさ子供はその場の雰囲気や
自分の捕らえたイメージを
何のためらいもなく言ってしまう
正直な生きものなので

普段、犬と接する時の声が高い
女性のようにやさしい口調と
柔らかなものごしの訓練士さんを
ズバリ、こう評価したのでしょう。

ついでに、もう一つ・・
ブログで動画を見るたび、いつも勢いのある歩き方が印象的な
キャリアのある女性の飼い主さんは

動画に映っている自分の事を
「動作や指示の出し方など・・まるでオッサン」だと、コメントしていて

男性がオカマのように、女性がオッサンのようになる事は
ひょっとしたら、犬に伝える手段として
とても有効な事なんじゃないのかなと、急にそんな事を思ったわけです。

で、朝から、何故こんな事を考えたのかと言うと・・


最近どうも犬がふざけて、練習が中断する事があり
しかもそうなるのはいつも同じ練習箇所で、紐無し脚側行進の折り返してからの最初の角付近。。
そのつど叱り、その後犬はしっかり出来るのですが
また次の日になると同じ事をすること3日・・ま、まずいです。。

そこでひとつ、ここは気分を変えて・・

今日は思い切って“勉強”は無し。
ちょっと遠くまで“課外活動”に出かけ、一緒に楽しく遊んで帰ろうと決め
江戸川の河川敷にやって来たのですが・・
シェパードがクンクンしてるぞ。何してるんだぁ?先月までほぼ毎日練習に来ていた
その場所は
今はもうすっかり雑草が生い茂り
あれほど盛況だったゴルフ練習をする人の
姿は全く見られず

ただ
1頭のシェパードと
男性2人の姿だけがありました。

どうやらオレンジ色の訓練士とおぼしき人が若手&シェパードを指導している模様見ていると
どうやらオレンジ色の訓練士らしき男性と
若手の訓練士らしき男性とがシェパードを
訓練している様子です。

訓練内容は、明らかに警察犬のもので
家庭犬のそれとは全く違っていましたが

指示が上手く伝えられないためなのか・・

それとも、犬がまだ指示を理解するに至らない段階にいるためなのか・・
素人の私には分かりませんでしたが
若手の男性とシェパードは、何度となくオレンジ色の男性から指導を受けていていました。

何だか、構図的にちょっぴり自分の出張訓練と重なるものがあり
若手男性と私、シェパードとウチの犬の実力差は別としても
伝える事の難しさを感じないではいられません。

でも、見ているうちに
みんなそれぞれ頑張っているんだなぁと、その姿に励まされたような気になってきて
思わず、出張訓練に来てくれる訓練士さんの事などを思い出していたら・・


そういえば
犬に指示を出す時や、犬に注意をうながす時の訓練士さんは
瞬間、超低音の強い声を出すので
犬だけでなく飼い主までも、いつもその声の高低差にはビックリさせられて・・
これもまた、犬に伝えるための有効な手段なのかもしれないなぁ。。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
↑自分のワンコには指示が十分伝わっていると思っている人も、思わない人も 
  ワンクリックに協力してね


スポンサーサイト
未分類 | 07:51:22 | Comments(6)
飼い主が強くある事の意味
出張訓練をお願いしてから早7ヶ月
私と犬は、この間大きく成長する事が出来たのですが

それでもなお、一番肝心なトコロがいまだに変わっていない点を
42回目の出張訓練の時に、やんわりと訓練士さんに指摘され

そこを改善するにはどうしたらよいのか・・
話をしていくうちに

やっぱり、犬を今より良くするためには
日常生活におけるしつけの強化が必要なのではないか、と
いう所に、至った次第でございます。


訓練士さんは、改善されない理由を丁寧に、優しい言葉で、さり気な~く話してくれたのですが
それらを私の中で直訳変換してみると

まず、犬の行動全てに対する飼い主の判断が遅い

そして、遅い上に飼い主の対応が中途半端

これらの事は、しつけの甘さにも通じ
訓練時の飼い主に対する犬の集中度合いに影響を及ぼしている・・

と、大体こんな言葉になりました。


幸いにしてウチの場合、ハウスとトイレに関しては
かなり上手く出来ているので
他のどの部分を正していけば良いのかと言うと・・

その一つの例が、コレ・・(しゃがみ方もちょうど一緒で、分かりやすいかと思われます)
腕は前に出さず、犬に最後まで持ってこさせる
どちらも遊びで投げたオモチャをくわえ
走って戻るところなのですが

腕は伸ばさず、手は開いた足の間
最後まで走って来た犬はマテの指示と同時に
その手のひらにオモチャを置く・・

本来ならば、こんなふうに遊んでいるのですが

犬にナメラレタ状態の持って来いこちらの写真の時は手元に来る直前
犬がわざと左に曲がり
オモチャを持ったまま
私の横を走り抜けようとしています。

私がオモチャをつかんだ後も
ふざけて中々離そうとはしませんでした。

つまりこれは・・これまでも何度かあったように・・

遊んだつもりが、遊ばれてしまっていた、という事なのですが・・

ここで一番問題なのは、犬に遊ばれている事を
指摘されるまで気にも留めず、ヘラヘラ笑って過ごしていた飼い主の意識なわけで

ちなみにこの2枚の写真、上が4月下旬で下が最近のもの。
まことに、何とも情けない話しなのですが・・

強い意識を持ち続けていないと、いつでも、あっという間にこうなるぞ、という自戒の念をこめて
いい加減にシッカリやれよ、自分! 
意識をほんの少し強く持っただけで・・

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
↑自分のワンコのしつけはまだまだ甘いと思っている人も、思わない人も ワンクリックに協力してね



・・という事で


しつけを強化するためには、まず飼い主がいろいろな意味で強くある事が大前提
具体的な話しは、そのまた先にあるのよね・・私の場合。


未分類 | 21:55:52 | Comments(8)
これからの遊びと訓練
練習前の遊び オモチャを投げてびゅ~ん5月もそろそろ終盤に差し掛かってくると
寒がりの私でさえ
少し運動しただけでも汗ばむ事が多くなり

犬はさぞかし暑いだろうと、思う今日この頃

これは共に冬を越し
そして2度目の夏を迎えようとしている
今だから言える事なのですが・・

去年の今頃は、暮らし始めてからまだ日も浅く
犬は、新しい環境に慣れる事で精一杯
おまけに暑さで集中を欠き、本当はしつけ訓練どころじゃなかったのかもね。。


こんな時に無理をさせると、後々ろくな事にはなりません。

だから、今年の夏はゆっくり、あせらずに練習していく予定でいて
真夏になったら、外で練習しない日があってもよいのかなとさえ、思っているところです。


練習前の遊び オモチャをくわえてびゅ~ん最近では、犬が集中できる時間も
日によっては10分と
ますます短くなる一方なので

最低の訓練時間を10分と考え
合間に軽く遊びを挟んでやると
さてさて、どんな練習内容になるのか・・

時計を見ながらやってみると

遊び・ 基本5課目の動き・ 遊び・ 行進中行うフセとスワレ・ 遊び 
これらが一度、出来ただけでした。

外での練習がたった一度だけとは、何とも物足りない感じがしましたが
暑い時の練習に関しては
この際サッパリ割り切って考える事にして

これからの季節は“外で出来る練習はこれ1回きり”という気持ちで
潔くやる事も大切なのかなと思いました。


5月22日集中力をつける練習そして、この一連の練習をした後に
集中を高めるための練習もやっているのですが

これに関しては、犬の動き云々の前に
私が上手く動けるようになる事が先決で

少しずつですが
重心移動が出来るようになり


5月22日集中の練習歩度の変化も少しつけられるようになってきたので

私の動きがスムーズになった分
犬も、遅れたり外に膨らむことなく
ついてくるようになり

もう少し、私の動きにスピードがついてくれば
犬の動きはもっとイキイキしてくるはずです。



一方、外での練習が少なくなってきた分
室内では今までの遊び
ほんの数分だけですが新しい練習も加わわって
股くぐり歩き、8の字股くぐり、それにここでも集中を高めるための練習をしています。

新しい課目の練習をする時は、最初は室内で、慣れたら屋外でやるようにと
教わっているので
今は、練習を始めるのにちょうどよい時期かもしれません。

5月22日練習後の遊び-1淡々として、焦らず、比べず、あきらめず・・

まあ、言葉で表したら
ちょうどこの辺りの心境で練習していくのが
私と犬にはちょうど良いような気がしています。

これからの季節
遊びは、今まで通り楽しいうちに
外での訓練は、犬の集中度合いを見て終了させ

そして新しい動きを室内で練習しながら、じっくり、ゆっくり、やっていけたら・・それで満足です。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
↑今日は暑いぞ!と思う人も、思わない人も ワンクリックに協力してね



未分類 | 11:23:03 | Comments(8)
訓練士・犬・飼い主の関係 その2影
「犬にとって一番強くて怖い存在は飼い主であって、訓練士ではありませんからね」

この言葉は
現在出張訓練に来ていただいている訓練士さんがよく言う言葉で
その事については前にも話しをしたことがありますが・・

実は、その言葉を聞くたびに
私は、むかし通ったしつけ教室のドッグトレーナー(獣医師)の事を
思い出さずにはいられないのです。。


当初私は、その方が育てたモデル犬の完成度の高さに憧れて
そのしつけ教室に通い始めた訳なのですが

実際に通ってみるとその方は、犬に対しても飼い主に対しても常に強く在る人で
その威圧的な態度や、容赦ない厳しい言葉に
初心者飼い主の私は、すっかり緊張し萎縮して

常にその方の顔色を伺いながら、犬に指示を出していましたから
当然犬は、飼い主に従うはずもなく・・

勉強は嫌い!その方は、いつまでたっても指示に従わない犬と
オロオロする飼い主を見ながら
最後にはリードを持ち、犬を指導するのですが・・

それこそ、手馴れた人が、いきなりガッツリと指導を入れるので
犬はもんどりうち、尻尾を巻き込み、身を硬くしていました。

その方は、犬がそうなったのを見届けると
リードを飼い主である私に返して

「ほら、犬はちゃんと私に従っていますよ。
私に出来る事が、飼い主のあなたに出来ないのはおかしいですよ」と、一喝。

返す言葉も無い私は、ますます自信が持てなくなって・・

練習もあきあき だあぁ!そんな事を何度も繰り返しながら・・4ヶ月経ち
最初と比べてどれほどの進歩と成長があったかと言うと

トイレトレーニングとハウスとレーニングだけは
非常に高いレベルの満足を得る事が出来ました。


ただし、進歩が見られたのはそれだけで・・


におい嗅ぎはますますひどくなる一方で、一日中下を向きっぱなし
名前を呼んでも、オモチャを持っても、おやつを使っても、効果はゼロ。

散歩の時も、グイグイ引っ張りはしませんでしたが
いつも身体ひとつ分だけ、必ず前に出て歩きます。

コレに対する練習も、もちろんしました。

犬が一歩前に出たら、飼い主はすかさずクルリと反転し逆方向に歩き
それを何度でも、出来るまで繰り返す・・という
非常によく聞く、典型的なリーダーウォークの習得方法でしたが
これが何回やっても、まるでダメ。

その時は、チョークチェーンを使っていたのですが
右の首元の毛が擦り切れるほど練習しても
何だか、ますます犬が意固地になって前に出ていく様で、全く事態は改善されず

練習のたび、そのドックトレーナーに
「飼い主のあなたがもっとしっかりやらないから、いつまでたっても出来ないのよ」と、また一喝。
そして最後に
「だからジャックラッセルテリアは初心者の飼い主には扱いにくい犬種だと言ったじゃない」と
とどめの喝。

指導通りに、やってもやっても出来ないのは、なぜ?・・
という疑問ばかりが膨らんで、私は混乱していくばかりでした。。


出張訓練初めての日そしてその後は考えを変え、新たな気持ちで出張訓練を依頼
今の訓練士さんと出会って、大きく変化する事が出来たのですが

現在もなお、犬と飼い主が良い方向に向かって意識を集中させ
イキイキと進んで行けるのは・・

この4ヶ月間の“タメ”が、あるからなのです。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
↑犬をイキイキと動かすためにはタメが必要と思う人も、思わない人も
               ワンクリックに協力してね



未分類 | 07:37:32 | Comments(10)
訓練士・犬・飼い主の関係 その1光り
におい嗅ぎばかりの狭い生き方からもっと広い世界へ

他にも楽しい事がいっぱいあるってことを
最初に教えてくれたのは、出張訓練をお願いしている訓練士さんで
あの日の感動を私は絶対忘れる事など出来ないのですが

肝心の犬は、そんな記憶など残っていない様子
それどころか最近では、訓練士さんのことをすっかり甘く見て
高をくくった素振りで、軽々しい態度をとり・・・

これが人間の子どもなら
即、一発ひっぱたき説教をたっぷりするところなのですが・・犬なので、そうもいかず
本当にお恥ずかしい限りです。。 

たしか・・初めての遊びは部屋の中で
それはもう楽しそうに、訓練士さんと一緒に遊び

その時の私は、遊び方が全く分からなかったので
犬は私と遊ぶより、訓練士さんとの遊びをとても楽しんでいました。

2ヶ月たち、少しずつ私が犬と遊べるようになっても
まだ、訓練士さんとの遊びの方が楽しいようで

その頃は
玄関での挨拶を済ませ、私は先に部屋に戻って待ち
訓練士さんと犬はしばらく玄関で戯れながら
玄関から部屋の方向へオモチャを投げ、犬はうれしそうにオモチャを訓練士さんの所に持って行く
そんな遊びをした後で、一緒に部屋に入って来てまた遊んでいました。

ロングリードを使って今年になり
ロングリードを使って私とたくさん遊ぶように
なってくると、今度は反対に
犬は少しずつ訓練士さんと一緒に遊ばなくなり

今では訓練士さんがやって来ても
シッポをふって挨拶こそしますが、その後すぐ
遊びに誘う訓練士さんを尻目に
さっさと部屋にいる私のところに戻って来て・・

訓練士さんは、名前を呼んで遊びに誘おうとするのですが、犬は私の近くで動かず
あそびは まにあってるよ~ という意思表示を露骨にするので
私は、あからさま過ぎるその態度に身が縮む思いがするのですが・・

「訓練士と犬の関係は、このくらいがちょうど良いんですよ」と
今や、すっかり警戒心を解いて
ある意味ノビノビしている犬を見ながらそんな事を言い、加えて

「犬にとって一番強くて怖い存在は飼い主です。訓練士ではありませんからね」
と、いつもの言葉を(恐らく、もっとシッカリしろ!という意味合いで)繰り返し言うのですが

私がこの言葉にどれだけ励まされているのか、訓練士さんはたぶん知らない・・
これがどれほど大切な事なのか・・
前に一度、しつけ教室で痛い目を見ている私には、とてもよく分かるのです。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
↑ワンコにとって自分は怖い存在だと思っている人も、思わない人も、ワンクリックに協力してね


                だれか ぼくのこと よんだぁ?
           寝ぼけ顔

※今回記事に書いた“遊び”は、訓練を抜きにした、ただの“遊び”の事です。
  訓練士さんは、この最初の“遊び”の時間を通して体調を含め、犬の全般をじっくり観察しているようです。




未分類 | 23:29:54 | Comments(4)
集中力を高める練習
5月11日公園での練習気分のムラが多く、注意散漫で
どちらかと言えば
素養のあまり高くない犬の集中力を
初心者の飼い主がもっと高める方法はないものか・・


ここ最近、いつも考えているのはこの事で
出張訓練40回目の日も、またまたこれについて集中指導を受けました。

まず遊んでから・・練習です。  (出ました!ウチの場合、遊びは練習の枕詞です)  

この練習は、いつ、どこで、どの方向に向かって指示が出るか分からないから
犬は集中する必要があり、より一段と私を見るようになって

結果、犬はしっかりと脚側につき、犬の動きが遅れたり、外側に膨らまないようになるそうで
一つ一つの動作をしっかり行うことで、訓練の浅い犬にも分かりやすく、伝えるものですが・・

あくまでも、これはウチの犬の場合にとる手法であり、訓練士さん曰く
「素養の高い犬の場合は、こんな動作をしなくてもしっかり集中してついてくる事ができます」
だそうです。。  トホホ


5月11日公園での練習練習は
最初に私がリードを持ち
訓練士さんの細かな指示に従いながら
ぎこちなく動いた後

今度は訓練士さんがリードを持って
足の運び方やその時々の重心のかけ方など

動きに対する解説やその説明を丁寧にしながら、軽やかに犬と一緒に動いて見せ
それを何度か、交代しながら繰り返して
基本となる動き方を何とか体に叩き込む事が出来ました・・と思います。。

(訓練士さんの左右のつま先の向く方向を見ていると、クラシックバレエの練習風景のように
通常ではありえない方向になる瞬間があり、そこをマネるのが難しいのよ・・)



練習の中で気がついたのは
まず、自分の足関節が意外にも硬くなっていて、筋力も低下
バランス感覚も鈍くなり
これが慣れない動きにふらついてしまう原因になっている事で・・
(ついでに、今日撮った↑の写真を見て反省点も見つかりました。)

イキイキと、犬を動かすための練習をするためには
その前に、自分の体の柔軟性と基礎体力アップ&正しい動きを繰り返し練習する事が必要です。

毎度似たような写真ですが、一応やってる事は違います
次に気づいたのは・・

それぞれの動きをする前には
タメを作ってから行うことが
犬を上手く導くコツだと
訓練士さんからアドバイスいただいたのですが

実は、そのタメの後に行う動作そのものも、またタメなのではないのかなと。。
そうでなければ、わざわざこんな
足が痛くなるような足運びは必要ないのではないかと、思いついた訳なのです。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
↑ウチのワンコはもう十分集中していると思う人も、思わない人も、ワンクリックに協力してね



未分類 | 15:19:50 | Comments(7)
暑い季節の練習は
練習は、まず遊びから始まります。

遊び1
気に入って遊ぶオモチャが日々めまぐるしく変わるため
いつもポシェットに5個ぐらい
小さくてふわふわの、音の出るものを用意して
出来るだけ早く犬のテンションを上げるように
右に左に動いて誘うのですが・・もうこの時点で必死です。


遊び2
こんな時
つくづく“ボール命”タイプの犬との差を
考えてしまうのですが
比べてみたところで始まらないので



遊び3


次はボールをすばやく投げたフリ。




遊び4
走り出した犬を身振り手振りで呼び戻し
オモチャを鳴らしながら私が小さく回ると

犬はその動きをよく見ながら回り
投げると同時に走って行きます。


遊び5
この遊び
結構犬は好きなようですが

私はいつも目が回ってフラフラです。



思えば、3月頃から少しずつ暖かくなり
もうしばらくは、私にとっての活動しやすい季節、なのですが

犬を見ている限り、どうやら私と同じではないようで
ここ最近の晴れた日は、もう既に十分暑いといった様子・・
ただでさえ注意散漫な犬が集中し、元気よくできる遊びと練習の時間は
もう、冬の半分ぐらいに落ちています。

これからの暑い季節の遊びや練習は、近くにある3箇所の公園を利用して
より短時間で、集中が切れる前に終わらせようと思いました。

 公園であそぶ

さあ、犬の気分がのってきたところで、すばやく今度は練習です。

訓練士さん曰く
「犬が楽しさだけで動く時と、それに緊張感がプラスした時では筋肉の動き方が全く違う」そうなので最近はそのための練習もやっているのですが・・
うう~ん、上手くいかないまたまた上手くいかない
           やっぱり上手くいかず、何がどう違うのやら・・ 
先日39回目の出張訓練の時も、訓練士さんがあんまりにもスーッとやるので
なんだ簡単じゃん、と思ってやってみたのですが
足の運び、リードの持ち方、歩度などなど
何とも非常に難しくて・・ 今日もまた上手くできなかったよぉ。。

これはもしかしたら、永遠の課題になるかもしれません。。          

 フセそしてマテ
そして、最後はこれ。
疲れて動きたくなくなってきた頃、涼しい木陰でフセて待つよう指示します。

少し離れたところにベンチがあるので
そこに座ったり、木の陰に隠れたり
時々は犬の前を歩きながらボールをわざと投げてみたりしながら、指示に従う練習です。

におい嗅ぎをしないように注意は必要ですが
動きたくない時に出す指示なので、少なくとも立ち上がってしまう心配は少なくなり・・
出来るだけ、犬の失敗は少なくしてあげた方が良いかなと。。

こうして、結構おとなしくフセした後のスワレの指示は勢いよく
さあ座って!という感じで普通より強く言うのがコツ(訓練士さんのウケウリ)だそうです。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
↑5月の陽気でもワンコの調子が良いと思う人も、思わない人も、ワンクリックに協力してね



未分類 | 12:10:45 | Comments(8)
散歩の前後はダッコで
狭い集合住宅に住みながら、犬と一緒に暮らそうと決めた時
ここで生活していく上での、自分なりの決まり事をいくつか作ってみました。
ダッコは、その中の一つで・・

住んでいる集合住宅は、まだ飼育に関する規則はそれほど厳しくなのですが
トラブルはなるべくなら避けたいと思い
散歩などの外出時
共有部分を通る時には、必ずダッコもしくはキャリーバックで出かける事にしています。

              5/2-1
                 
昔、しつけ教室に通っていた頃は
犬の顔が人の肩から上に出るような形で抱いてはいけないと言われ
(なんでも、権勢本能を刺激する云々・・との事でした)
いつも、フセをして待つ犬を小脇に抱え外出していましたが

ダッコのやり方を
出張訓練に来ていただいている訓練士さんに教えてもらい
ヘタクソながら、何とか出来るようになってからは
散歩の前後はずっとこんなふうなダッコです。


抱っこは、まず最初は室内で
ダッコと言いながら、正座しているひざに乗るようにするところから始めました。

今でこそ、こんなふうに出来るようになりましたが
なんと、一番初めの頃には
座っているひざに前足を乗せる事さえできないビビリようで。。 うう~ん、懐かしい。

現在では、散歩に出かける前
まず、玄関マットのところで犬にスワレの指示を出し
向かい合い、ひざをついた姿勢でダッコと言うと
同時に犬はジャンプ!

写真ではぎこちないロボットのような格好の腕になっていますが
犬が飛びついた瞬間に、私は両手ですばやく犬のからだをかかえます。

そして、帰って来た時には
共同玄関前で、立ったまま、ひざを曲げてダッコです。
ダッコは、一日のうちでたった2回やるだけですが
これをやらないと散歩には行けないし、部屋にも帰れないので
犬がこれをやらない、という事はありません。



試験的動画投稿の第二段として、撮ってみたのですが
ダッコって・・あっという間でした。。

散歩を終え、少し休んだ後
今度はフィラリアの検査を受けるために、動物病院まで出かけましたが
電車を利用して行ったので
犬は行きも帰りも、もちろんキャリーバックの中です。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
↑ワンコを最近動物病院に連れて行った人も、行っていない人も、ワンクリックに協力してね
                       5/2-3
       ぼくの でんしゃで おでかけ すたいるだよ~

未分類 | 21:30:13 | Comments(6)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。