■プロフィール

そら  

Author:そら  
2006.8.8生まれ
ジャックラッセルテリアの
中でもチビで短足

そして何故か・・
白より茶色の方が目立つ
ラフコートの異端児♂の
ブログです。

2007.3.3から
一緒に暮らし始め
毎日が謎だらけのまま
過ぎて行きます。。
これじゃいけない!
何とかしなければ!!と
日々迷走中。

■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■ブログ内検索

■リンク
■FC2ブックマーク

くるみ心と秋の空
デビル簓の『簓日記』           one's an 美ら里日記          やまちゃんと咲く坊の日記       へなちょこバント              モンクマ王子が行く           するめなラク太              トイプーはなのオハナ日記       お気楽わんこ道  

■RSSリンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
再びの、コイ!
“再び”シリーズの第二弾は、コイについて!
あっ・・ちなみにコイは、恋ではありません。“来い”ですからね・・念のため


犬の集まる場所でもそうだったのですが
どうも最近、コイの指示に対して、犬の反応がイマイチになっている事を
遅まきながら、やっとワタクシ自覚いたしました。。 遅い!

考えてみると
コイは最初から比較的すんなりと指示通り・・だったような気がするので
来て当たり前的なところが、私の気持ちのどこかにあったようです。。 反省

気づけば・・
犬は確かに私の方を見ているのですが
「コイ!」と呼んでも、そのままボーッとしていて・・来るのか来ないのか、どうもはっきりしない。
                 (結果、来ましたが・・先日の犬の集まる場所での称呼も、こんな状態)

例えば、それがいつもの事で
一瞬の間を置きこちらに走って来るというクセがあるなら、まだしも
犬の気分しだいで来たり来なかったりなんて、冗談じゃない!

ここはもう一度
「コイと1回言われたら、何が何でもきっちり走って来るっ!」 という
私の熱い想いをしっかり犬に伝え、受け止めてもらわなければなりません。

そう思ったら・・急にメラメラとオバさん魂に火がつきまして。。

「これ以上ふざけたら、相手が犬でもワタシは噛み付くよ」というオーラを
全身にみなぎらせつつ、やさしく微笑みながら 
                   (注:オバさんになると、噛み付つけないものは無くなります)

犬が、コイという言葉にもっと敏感に、そして即座に反応するよう
強く意識しながら、息を吸い込み・・

コイ!

で、すばやく走って来たら・・
即、お気に入りオモチャを右に左に投げて、遊びます。 遊びます。 遊びます!

今度は、脚側につけ歩いたら、同じようにオモチャで遊びます。 遊びます!
そして、遊んだらスワレやフセをして、また遊んで そして、遊びます。

と、こんな具合で・・短く言い変えたら
合い間ごとにやっている遊びを1つ、増やしただけ・・なのですが
この増やした遊びの効果は大きく、明確に犬の態度に現れました。



さてと・・そんな訳で (どんな訳よって?・・つまり、そんなこんなで)
写真撮るどころじゃなかったので、その時の写真は無しです。。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
↑専属カメラマンが欲しい今日この頃・・ワンクリックに協力してね
    

                   しゃしんは おやすみだよぉ。。  むにゃむにゃ
                 32

スポンサーサイト
未分類 | 09:14:32 | Comments(4)
再び、犬の集まる場所で・・出来るようになった事
16-1ブリーダーさんや他の飼い主と
交流する機会があり、出かけた
犬の集まる場所では
しつけ教室も併せて行われていて
この日はウチが一番はじめ。

1ヶ月前
久しぶりに参加した時には
他の犬が気になって

指導を受けている中、リードを持っていても、そちらを気にして行こうとする感じがありましたが
今回は多少慣れたせいもあるのか、私の声は犬の耳になんとか届いた様子・・

人が多くいる広い公園の、ほぼ初めてに近いこの場所で
リードを離して練習するのは初めてだったので、内心ちょっと怖かったのですが

紐無し脚側行進では、わざと犬のいる近くを歩いても他の犬の方に興味を示さず
出すぎず遅れず横につき、それなりに歩けた事に感心し (低レベルの自己満足。。
称呼では
駆け足の速度があまりにも遅く(おそらく自己最低速記録を樹立)
最後まで早足にはならなかったものの・・これには驚いてしまいました。

3-1また、今回はスラロームにも初挑戦。

ガクちゃんママに教えてもらいながら
バーの間を右に左に行ったのですが
私の見る限り、それは
アジリティーとは全くかけ離れた別もので
ただ、うねうねと歩きながら
ご褒美をもらいまくっているだけにしか
見えませんでした。。  トホホ

犬の集まる場所では相変わらず
出来ない事がまだまだ沢山あるのですが、それでも少しずつ・・
1ヶ月前と比べたら出来るようになっている事に気づく事もあり

こうして時々、いつもとは違う形で練習してみるのもまた新鮮な発見があって、おもしろく
こんな私でも、犬とともに日々成長しているのかなぁ・・などと
普段はあまり意識もせず考えもしない事を、思ってみたりしています。                 
                
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
↑こいつにアジはムリ、と思った人も思わなかった人も、ワンクリックに協力してね
             
                    55-1
                      お兄ワンのLeo君と鼻でごあいさつ

未分類 | 15:25:26 | Comments(2)
休日の河川敷で
河川敷近くまでは抱いて行き、それから下ろして おもむろに歩きます。

12-1


河川敷に到着
ロングリードをつけたら、その日のお気に入りのおもちゃを投げ、それを目指して走り
36-1


銜えて走り
くわえて走る

投げると、走り   銜えて、また走り・・
25-1


走りもどって
26-1


さあ、もう少し・・  「手は前に出さない」と・・どこかから声が聞こえてきたような気がしたけれど・・ま、いいか
27-1


早足も一緒にね
速足も一緒にね

もう帰るの?   もっと遊ぼうよ ねえ、おかあさん。

51-1


帰り道・・  自転車が来ても、たとえすれ違うワンコがいても
52-1


そして、どんなにいても・・
53-1


ガン見されても おかあさんの目を見て歩けるよ   ホントかなぁ・・いつでもそうだと、いいのにね
54-1


おかあさん、またあそぼうね
48-1
                       きゅうじつは みんな どんなことしてたのかなぁ?
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
↑写真が鮮明になったと思う人も、思わない人も ワンクリックに協力してね

今回は購入したデジカメの性能チェックも兼ねて
休日の河川敷で、遊んでそして帰る様子を撮ってみました。 たまには、こんなもいいよね

未分類 | 08:11:56 | Comments(8)
遊びと訓練
                    ポカポカ陽気のある日、 河川敷で
            訓練士さんと 優秀な犬が 一緒に遊ぶのを 見た ボクは ビックリして・・
                
江戸川河川敷 
                           
            耳がこんなになっちゃいましたぁ!



「犬には訓練という概念がありません。
だから楽しく遊んで、もっと犬を集中させてくださいね」と、言葉を残し
訓練士さんは、もう随分訓練を重ねている犬と一緒に、向こうの方で練習を始めています。


それを見ながら
毎回の出張訓練の中で、必ず出てくるキーワード“遊び”について ウチはコレではじける事ができたので
考えてみると・・

遊びって
訓練するとか、服従させるとか、指示に従わせるという上からの目線とは違い
低い位置で目線を合わせる係わり方で

やる気満々で素養の高いタイプの犬と、ウチのようなタイプの犬とでは
係わり方がそれぞれ違い・・
以前は、その係わる目線の位置を間違えていたので
いつまで経っても犬との良い関係が築けなかったのではないか・・というところに至りました。


その昔、犬が常に私の前を歩いていた時
しつけ教室で教えてもらったのは
一般的によく聞くリーダーウォークの基本的な型通りの習得方法
(犬が前に出たらすばやくターンし方向変換する)で

それこそラフコートが擦り切れるほど繰り返しても、一向に改善出来なかったのは
犬のタイプを考えず、合わない目線で練習していたからに他ならず。。

ウチのようなタイプの犬には
行ったり来たりの単純動作をくり返す中に、その意味を見つける事は出来なかったのです。




一方“遊び”には決まりや型が無い分 (テンション低めのウチの犬でもワクワク感を高めやすい)
まず見ないとどう遊ばせるのかは分からないけれど
では見れば
即その通りに遊べるようになるのかと言うと、そうでもなく・・最初は戸惑いもあるのですが

見て学び (なぜか、訓練士さんの遊ばせる様子を見ると、非常に簡単そうに見えるから不思議です)
次に自分がそれをやってみると
実際には、思ったほど上手く出来ない事に気づくので

どうして上手くいかなかったのか、どうすれば上手くいくのかを
教えてもらいながら、くり返しやるうちに少しずつ・・

出来るようになっていければいいなぁ、と・・
そして近い将来、あの優秀な犬のような動きに近づけたらと思っています。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
↑ワンクリックに協力してね
                      みんなはどんなタイプなの?
                見上げる          
             おかあさん
       ぼくは ボクなりに がんばるよぉ。


未分類 | 08:54:57 | Comments(6)
生きいきと犬を動かすためには・・
狭い室内での遊びは、訓練士さんの見よう見真似で・・ 大体こんな感じです。

犬を座らせてオモチャを向うに投げ、しっかり待たせて さあ、持って来い!で走るとか・・
走る
奥の扉手前周辺にオモチャを隠して 探せ探せ!で走ったり・・ 走る2
またはオモチャを投げてすぐ、持って来い!だったりと・・いろいろです



出張訓練をお願いするようになった当初、私の願いは・・

一日中下を向きっぱなしでニオイを嗅ぎ
私と目を合わせる事も無く
散歩をすれば常に体一つ分前を歩く

想像とは程遠い、こんなどうしようもなく虚しい毎日を
少しでも良い方向に変え  (どれか1つでも改善できたらもうそれで満足だと、その時は正直思っていた)
犬との生活を楽しいと感じ、一緒に暮らしてよかったと思える日々が来る事を
漠然と夢見ていたのですが・・

29回の出張訓練を経た今、漠然とした夢はいつの間にか現実になっていました。

犬がどう変化したかと言えば
指示を無視してのニオイ嗅ぎは無くなり
自ら考えて私の目を見るようになって (名前を呼んだり、エサで釣るのは無し)
スワレ、フセ,タッテ、マテやコイ、アトヘの指示に従えるようになり

近距離での遊びは動作を機敏に楽しく、オモチャを素早く上下左右に動かしたり止めたりして・・近距離のボール遊びキャッチキャッチ2      右かな?上かな? 早く投げてぇ!   高く投げて ジャンピングキャ~ッチ!   低く投げても ヨイショ!


私はどう変われたのかと言うと
まず、犬や周囲にいる人に変な気を使ったり、妙に意識する事がなくなって
いつの間にかチョークチェーンも使わずに、曲がりなりにも何とか横につけ、歩けるようになり
そして、何と言っても一番大きいのは、犬と楽しく遊べるようになった事。

ふと気づけば、今は
どれだけ生きいきと犬を動かす事ができるかが、今後の大きな課題になっていて
たぶん・・これがクリア出来たら、満足できるのではないのかと思います。。 


生きいきと犬を動かすためには、何が大切なのでしょうか・・?

ちなみに、もう随分前になりますが
初めて室内で遊ぶ訓練士さんを見た時に感じたのは
遊んでいる間、ずっと犬のテンションを一定(普段よりやや高め)に保っている、という事。

犬は、行きも帰りも駆け足で楽しそうにオモチャを持って来ては
また走って行くのですが・・

次に私が交代して遊んだ時には
行きは早足で、オモチャの所についた段階では既に気が抜けてウロウロするし
やっと戻ってくる時には常足で、途中で止まったりする事もありました。

最初から最後まで、もっと生きいきと犬を動かすためにはどうしたらよいのか・・訊ねると
「行きが早足の場合、帰りが駆け足になる事はまずありませんので
 1つの指示を出す前までに、犬を十分に集中させるように意識してくださいね」と、ひと言。

犬を生きいき動かすためには、犬の集中を高める事が大切だと
最初に教えられたのは、こんな事からで・・
以来、この課題は私の中でどんどん大きく広がっているのです。。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
↑ワンクリックに協力してね クリックすると下のピントが合うかも・・ウソです 
              きゃあ~! 遠くて、小さく・・しかもボケてるぅ~!!
              戻る時も走る

こ、これは、まさしく・・今の私の犬を集中させる力を象徴するような写真です。
一眼レフが欲しくてしょうがない、今日この頃ですが・・
やはり当面は、定期的に車でやって来る“歩く一眼レフ”で
ばっちりズームアップさせようと思います。


未分類 | 08:14:08 | Comments(10)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。