■プロフィール

そら  

Author:そら  
2006.8.8生まれ
ジャックラッセルテリアの
中でもチビで短足

そして何故か・・
白より茶色の方が目立つ
ラフコートの異端児♂の
ブログです。

2007.3.3から
一緒に暮らし始め
毎日が謎だらけのまま
過ぎて行きます。。
これじゃいけない!
何とかしなければ!!と
日々迷走中。

■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■ブログ内検索

■リンク
■FC2ブックマーク

くるみ心と秋の空
デビル簓の『簓日記』           one's an 美ら里日記          やまちゃんと咲く坊の日記       へなちょこバント              モンクマ王子が行く           するめなラク太              トイプーはなのオハナ日記       お気楽わんこ道  

■RSSリンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ロングリードの思わぬ効用
1/30h
      訓練士さんにお願いして作ってもらった
   ロングリードです♪
   さすがハンドメイド!
   ナスカンの結び目も丁寧に処理されていて
   うう~ん やっぱり10mは使いやすい!

   きっとこのリードには
   コレを使うと上手くなる上手くなるぅ・・と
   訓練士さんの強い念がこめられているからに違いない
   と、そんな考えが頭をよぎったりよぎらなかったり
   するのですが。。


   ともかく、 今まで使っていた5mリードでは短すぎて
   犬と一緒に、オモチャの落下地点に向かって走らなければならなくて、もうトシなので
   柔らかい土に足をとられ、もつれて転びそうになること数知れず・・

   あげく、走る犬の速度に人間が追いつかなくて
   持って来いと指示したのに、犬がそこまで取りにいけなくなるという
   情けない事も何度となくありましたが・・

   でも、今はほら、このとおり 河川敷で毎日のびのび遊んでいます。

   中でも、一番好きな遊びがコレ。
   お気に入りのオモチャを投げると何度でも、うれしそうに持って来ます。



  「おかあさ~ん   おかあさ~ん、ぼくは この あそびが いちばん すきだよおぉぉ~」
1/30b

公園や河川敷での遊びはこんな調子で始まって
2~3回オモチャを投げて、持ってきたら犬が飽きてしまわないうちに今度は脚側につけ歩きます。
一往復したら、次は・・・
マテ コイ アトヘ、 フセ、 スワレ、タッテ、それからまたひとしきりオモチャを投げて遊びます。

     1/30d1/30e1/30g1/30i
そして、大体こんな事を2回ほどくり返したら・・・・もう、さっさと帰ります。

本日の河川敷は一段と風強く さ、さむい。。
ロングリードをまとめて手に持ちながら、しばらくそのまま土手沿いの道を歩き・・

1/30o  強風になびくロングリードとラフコートを気にもせず
   けなげに横を歩く犬を眺めながら、考えると・・
   不思議なことに
   チョークチェーンを使っていた頃よりも
   今(丸革の首輪)の方が、ナゼか犬は素直。
   
   以前のように常にカラダ一つ分前を歩く事は
   めっきり少なくなってきて・・
   まだまだとはいえ、こうして
   こちらを見上げながら、歩けるようになったのは
   実は、犬と歩く帰り道に普通のリードではなく
   ロングリードを束ねて(面倒くさいのでそのまま)
   持って、歩くようになってから。。


丸い輪にして束ねたロングリードを右手に持つ・・と
適度な重みがあるために、支える右手に意識が集中し
それまでは犬の動きに気を取られ、前後左右にふらついていた手が動かなくなり
ちょうどいい位置で保つ事が出来るようになって
引っ張るカタチになっていたリードは、いつも緩んだカタチになった・・

そして、そんなふうにして歩いていたら、自然と犬は前に出なくなってきたので
これは、ロングリードの思わぬ効用だ、などと思っているのですが

ただ、これはまだまだ課題の多い
飼い主初心者の考えた事なので、真偽のほどは甚だ・・・なのですけれどね。。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

1/30a



スポンサーサイト

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

未分類 | 21:51:51 | Comments(0)
犬の集まる場所で・・出来た事出来なかった事
ご挨拶 
 先日
 JRTが集合する機会があったので
 2つの目的を胸に秘め、出かけて来ました。

 1つは
 訓練士さんにあらかじめ指示された事を
 実際にやってみるために

 もう1つは
 同胎のお兄ワン、Leo君に会うために・・



集合場所に到着すると、そこには既に先客がいて、早速みんなとご挨拶・・・よろしくね。

少し早めに行ったので、次々やって来るワン達との挨拶の合い間に
訓練士さんに言われた事をやってみることにしました。

「普段、公園や河川敷でやっている事を、犬の集まる場所で同じようにやってみてください」
「そして周りのことを一切気にせず、楽しく犬と遊んでみてください」
 
                   s1          

最初に、スワレをやってみると・・・
意外にも、まわりにいるワン達を気にせず私の指示に従います。
続けてフセ、フセからスワレ、そしてタテ・・
あんまり期待していなかったので、案外すなおに従った犬に感動より先に
驚いてしまいました。

これらの基本動作は
その後も数回やってみましたが、いずれも周囲を気にせず私の目をしっかり見て出来ました。

次に犬を座らせて、マテ
5mロングリードをいっぱいに伸ばした先からコイと指示、そしてアトヘでつける・・
これも同じくできましたが、私が周囲を気にしてしまったせいか
普段よりいくぶん走る速度が落ちていたかと思われます。

あと、脚側に付けて周囲を歩いた時は
ついて歩くには歩くのですが、横で遊ぶワン達の方をすぐに見てしまい
それた犬の気持ちをこちらに向けることが出来ず、きれいに歩く事が出来ません。

また、いつもは大好きで夢中になる
投げたオモチャを持ってくる遊びは、全く集中を欠き
おもちゃの場所まで行かず途中で止まったり、行ってもオモチャを持ってこなかったりで
ぜんぜん出来ませんでした。 先はまだまだ長いようです・・・



5月のツーショット さぁて・・
 できない事はさっさと諦めて
 今度は、もう一つの目的です。

 この集まりへのお誘いをいただいた時
 「Leo君も来ますよ」と
 ブリーダーさんから一言あり
 即、参加了承してしまいました。(笑

 Leo君とは昨年5月に初対面して以来です。

 穏やかで、どことなく似た雰囲気の

カッコイイお兄ワン・・
会いたいなぁ、どうしているのかなぁと、思う度に
その時撮った“無理やりツーショット”を眺めていました。。

(この時はまだ、指示ってナニ?状態のウチの犬。ジッとしていられず落ち着きが無かったので、抑えつけて撮ったトンデモ記念写真です)

久しぶりに再会すると
穏やかでやさしい雰囲気はそのままで
同じラフコートとは思えないほど、しっかり行き届いたお手入れが眩しく・・
一段と頼もしくなっていたLeo君でした。

そして
何よりうれしかったのは
こうして兄弟そろって、落ち着いてポーズを決めることが出来た事

これからは、こちらの記念写真を眺める事にしますね。  
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ                

                   1/20ツーショット


テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

未分類 | 16:09:31 | Comments(8)
寒い日の出張訓練
出張訓練1/18 出張訓練も3クール目に入り(19回目)

江戸川の河川敷は
いつもどおり冷たい風が吹いていて
訓練士さんと犬をストーキングするには
ちとツライ季節なのですが・・

犬にとっては
ちょうど今ぐらいの気候が合っているようで
食欲といい、指示に対する反応といい
ここのところ、調子はナゼか絶好調。   

ゴツゴツした石に足をとられながら、ちょっと離れ、様子を見ていると

リードが無いことを除けば・・
これはまさしくあの時と同じシチュエーション。。えっ、こんな広い所でノーリードですか!?(汗

ただ
訓練士さんを見上げる犬の様子はあの時とは全く違い
ニオイ嗅ぎしたり、前に出ようしたり、またビクビクしながらオドオド歩いたりする事も無く

普段はこの位置から犬の姿を客観的に観察することができないので
この19回の訓練の間に大きく成長した事を感じる事ができ、感慨無量です。

そして、なんだかあの時が
まるでついさっきまでの出来事のように思い出されて・・って、さっきからずっとノーリードなんですけど (汗

まっすぐに伸びる川沿いの道を
訓練士さんと一緒にゆったり歩いていく犬の後姿を眺めながら

私が目指す訓練試験合格は、あの橋の辺りでしょうか。。
そしてその先の目標は・・広がる空のそのまた先あたりなのでしょうね。。

と、そんな問いかけをしてみましたが・・答えはもちろん帰ってくるはずもなく   まだノーリード!?(汗
程なく橋の下に広がる草地に到着し
そこでそのまま練習をひとしきりしました。

1/19その② そして
草と土のニオイの誘惑に犬を負けさせないために
指示を早めに出す事を意識するようにとの
アドバイスをいただき
犬の集中力がなくならない前に、早めに練習を終え
帰りはリードをつけて、今度は私が犬と一緒に歩きます。

「調子がとてもいいですね。
スゴイ!一体どうしたんでしょう、めざましい進歩ですよ」
と、私をほめ、励ましてくれるので


「気候のせいだと思います。引き続き頑張ります!」と
思わずそう答えてしまいましたが・・

実は・・

これは、これまでの短い経験上、なんとなく分かってきた事なのですが・・

ウチの犬には好不調の波があり、それがだいたい2週間ごとにやって来る・・

この前の不調が年末で、今が絶好調・・

という事は。。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

未分類 | 15:12:10 | Comments(10)
最近の散歩事情
最近の散歩事情
最近の散歩は・・

まず、5mロングリードをつけ
行きは犬(体重5.2kg)を小脇に抱えて
公園まで歩きます。

犬は自分で歩きたがり、身を動かしますが
構わずそのままガッシリ抱え
どんどん歩くこと数分・・で、公園に到着。


犬を下ろすと同時に手に束ねたリードを長く
伸ばしながら、すぐに早足で歩き始めると
身震いをひとつして、犬もすぐ私の横につき
歩き始めます。

現場まで抱えて歩くことで
犬のやる気は地面に下り立った時点で満々
すぐに集中できる状態になっているので
なにかにつけて淡白、執着度の低い
ウチのようなタイプの犬には実に効果的手法ではないかと、勝手に解釈して、勝手に納得。


公園にいるほとんどの間
私はリードを持たず、犬はリード長く引きずりながら楽しそうに動きます。


公園は近くに3箇所あり
大→かなり広く、周囲に木などない開放的なグランド。平日休日共に早朝を除き子供がいる

中→あまり広くは無いが人がいない、開放的なつくり。300mほど直進した場所にある

小→周囲を木と建物に囲まれやや小ぶり、時間帯によっては小さな子供と遭遇。
   自宅に一番近い位置にある

訓練士さんと行くのは(小)の公園なので、それ以外の日には(中)と(大)公園に行き
いろいろな雰囲気に慣れるように場所を変え・・これでも一応、工夫はしているつもりデス。


加えて、火曜日から
訓練士さんのアドバイス通り、河川敷に行き
そこでも指示に従う事が出来るか、やってみることにしました。

午前中
平日の河川敷にはほとんど人影も無く
少し離れたところでゴルフの練習をする人が一名と、散策する人がちらほらいるのみ。

早速、犬を下ろすと
河川敷の広々した空間と、刈り込まれた草やモグラが掘り返した柔らかな土のニオイに大興奮
夢中で鼻を地面につけ、ニオイを嗅ぎまわっています。

最初は
指示を聞くどころではない様子だったので
まずは5mのロングリードを目いっぱい伸ばして3分間、自由探索させると

犬は
猛烈な勢いでニオイを嗅ぎ、走り回っては5mの規制に阻まれ
勢いあまってもんどりうち、そしてまた走ってはもんどりうつ・・

その度に
ガツン!と腕に反動が伝わり
しっかりと握ったリードを通して、いつもとは違う犬の強いパワーが感じられ

うっかり油断して公園にいるつもりでいると
足元をすくわれかねない・・と、そんなふうに感じさせる勢いがありました。


その後
犬を呼び、脇につけましたが

多少は落ちついたものの
開放感と周囲に漂ういろいろなニオイに、まだまだ未練がある様子だったので

リードは離さず短く持ち、いつもより強く、大きめに声を出し
指示を出そうと考えつつ

それでも、たぶん
公園のようにはいかないだろうなと思いながら

脚側につけて歩き始めると・・

犬は意外にも落ちついて、におい嗅ぎもせず私を見ながら歩いている   驚きです!

また、ロングリードに普通のリードをプラスして6mちょっとの短い距離ながら
停座から称呼の指示にも従うことが出来   感激です!

オモチャを投げて遊んだ時は、犬の走る速度に追いつけずリードを放したが
ちゃんと持って帰って来て   カワイさ百倍です!!

そして帰る頃には、すっかりいつも通りの表情で
公園と河川敷、それぞれ場所は違っても犬の様子に変わりはありません。


これが3ヶ月前だったら、間違いなく
犬は最初から最後まで私の指示も聞かず目も見ず、ただひたすらニオイを嗅ぎ続けていたでしょう。。

そう思ったら
この間に犬と私が学んだ事の大きさをいまさらながら確認し、感慨深い思いに

浸り・・浸り・・浸ってしまい・・

ついついブログ記事の更新が遅れてしまいました。。(汗

急いで10mロングリードを買いに行き
続きは
また後日という事で、今日は取り急ぎ触り部分のみの事情をUPです。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

未分類 | 06:42:56 | Trackback(0) | Comments(2)
遊んだつもりが遊ばれて・・
遊んだつもりが遊ばれて
犬との生活は毎日
そう変わるものではなく
昨日と今日のあいだでは
その接し方に格段の進歩や変化は無いように
ワタシには感じられたのですが。。


昨年暮れの12月20日から
何故か、突然・・
吠えるようになり
それは日を追うごとにひどくなっていきました。

吠えるキッカケとなるような出来事に
思い当たる節も無く、それまで「吠えない犬」
だったので、なおさらショックは大きく
家族からはうるさいと、大ブーイングの嵐。
私は何とかしなければと、あれこれ考えたり試みたりの大慌てです。

最初は、その類い稀なる予知能力で
迫る大地震を知らせているのかと思ったりしましたが
何日たっても地震が起きないところをみると、どうやらそんな理由ではなさそう。。

そこで
・バリケンに入っている時以外は120cmの細いリードを付け
 おもちゃを投げて持って来いをする時を除いて常に手に持つか、または金具でウエストに付ける
・散歩と手入れの時間を除いて、犬を室内に出しておくのは一日2時間半ぐらいにする
そして、吠えたら
・すぐにハウスと指示しバリケンに入れる
・すぐにスワレの指示を出す

まあ、これだけやればどれか一つぐらいに取っ掛かりが見つかるのではないかと・・
考えた私の“数撃ちゃ当たる方式”ですが、それらは見事にハズレて

室外や上階の物音がちょっと聞こえて ワンワン!

室内で発生する聞こえるか聞こえないくらいの小さな音にも ワンワンワン!

終いには、目に見えない何かを気にして突拍子もない時に突如 ワン! ワンワンワン! 

もうこうなったら
一度、犬より大きな声でワンワン吠えてみようかと・・悩んで迎えた12月28日
年末最後の(16回終了)出張訓練で、私の話しを聞きながら
訓練士さんはいつものようにオモチャを投げて犬と遊び始めます。

と、いつもは足元まで持って帰って来る犬が、その日は2歩ほど手前で止まり
シッポをピンと立て小さく揺らしながら、伏せしてオモチャを噛んでいます。

んっ!?という顔をする訓練士さんを見て、私が何の気なしに
「最近ずっとこうなんです。私が投げた時なんか取りに行ったままそんなふうに伏せて
いつまでも戻って来ないです。仕方が無いのでそこまで私が迎に行くんですよぉ」

それを聞いた訓練士さんは
即、犬の下あご付近の首輪に指を掛け
一瞬グッと力を入れ自分の手前(本来いるべき位置)まで引き寄せて
再びオモチャを投げては持ってこさせ、また手前で伏せる犬をグッと引き寄せ・・
それを3度ほど繰り返すと、犬は以前のようにすぐ手前まで持ってくるようになりました。

そして、今度は私にオモチャを投げて犬に持ってこさせるよう指示
私が投げたオモチャを、犬は足元までしっかり持って走って来ました。

単純に喜ぶ私に向かって、訓練士さんは微笑みながらひと言

「ひょっとして・・犬と遊んでいるつもりでいて、実は犬に遊ばれていたのかもしれませんね」

やんわりとした口調でしたが、その言葉はまさに図星。

「一つひとつの指示をもっとキッチリと、正確に」

「何か変化がある時には、そこに必ず理由がある。
理由を探る方法はとにかく犬の全てをよく観察する事です」

一週間も、犬に遊ばれていたんだ。。
そう思った瞬間に
「JRTは初心者には扱いにくい犬種。
スキを上手に見つけ、それを逆手にとって人間をバカにするところがあるから注意なさい」
と、最初に通ったしつけ教室の獣医師が言っていた言葉を思い出しました。


年末最終の訓練は、きちんと犬に対応する事に徹して無事終了。
で、その後どうなったかというと・・
この日の訓練以降犬は全く吠えなくなり、元の「吠えない犬」にもどっています。

そうです。
吠えの原因は、私の中途半端な行動にあったのです。ナンテコッタイ・・


また、吠えのない日常が戻ってきました。
まことにメデタイ!
お陰で今、静かな正月を過ごしております。


そこで、文末ではありますが年頭の挨拶をば・・

まずは、謹賀新年。

今年の目標は
「指示に従い正確な動作ができるように しっかりした態度をとるのだよ、ワタシ!!!」と
「揚げ足取ってないで、おもいっきり素直にここまで走って・・そうだ、その調子で! 持って来~い!」
です。

本年もよろしくお願いいたします。
 元旦

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

未分類 | 19:41:44 | Trackback(0) | Comments(4)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。